エディ・ホプソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
エディ・ホプソン
基本情報
本名 エドワード・ラマー・ホプソン
通称 Fast(素早い)
階級 スーパーフェザー級
身長 163cm
リーチ 157cm
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
誕生日 1971年6月30日(43歳)
出身地 ミズーリ州セントルイス
スタイル サウスポー
プロボクシング戦績
総試合数 32
勝ち 30
KO勝ち 14
敗け 2
引き分け 0
無効試合 0
テンプレートを表示

エディ・ホプソンEddie Hopson、男性、1971年6月30日 - )は、アメリカ合衆国プロボクサーミズーリ州セントルイス出身。第10代IBF世界スーパーフェザー級王者。

アマチュア時代[編集]

ホプソンはアマチュア時代は1987年にジュニアオリンピックに出場して金メダル獲得と、ゴールデングローブを優勝したことがある。

1988年ソウルオリンピックフェザー級で出場している。

プロ時代[編集]

1989年2月4日、ホプソンはソウルオリンピック開催から6か月後にデビューを果たし4回判定勝ちで白星でデビューを飾った。

1992年5月9日、ロバート・バードと対戦し3回KO勝ちで全米ランカー入りを果たした。

1994年1月4日、フロリダ州フォートローダーデールNABF北米スーパーフェザー級王者アレックス・ペレスと対戦し12回3-0の判定勝ちで王座獲得に成功した。

1994年8月23日、アンヘル・アルダマと対戦し9回3-0の負傷判定勝ちで初防衛に成功した。

1994年10月27日、ワシントンD.C.トロイ・ドーシーと対戦し12回3-0の判定勝ちで2度目の防衛に成功した。

1995年4月22日、ニュージャージー州アトランティックシティのバリーズ・パーク・パレス・ホテル・カジノでジョン・ジョン・モリナの返上で空位になったIBF世界スーパーフェザー級王座決定戦を14戦全勝のモイセス・ペドラサと対戦し7回2分7秒KO勝ちで無敗のまま世界王座獲得に成功した。

1995年7月9日、トレイシー・ハリス・パターソンと対戦するが2回に4度倒され最後はそのままレフェリーが試合を止めて試合終了。初黒星となる2回1分37秒TKO負けで初防衛に失敗し王座から陥落した。

1995年11月18日、サントス・ロペスと対戦し最終10回2分21秒TKO負けを最後に一旦現役を引退した。

1998年3月31日、3年の沈黙を破り現役復帰。エドゥアルド・マルチネスと対戦し6回終了時TKO勝ちで再起を飾った。

1999年11月19日、パブロ・ダニエル・サルミエントと対戦し8回3-0の判定勝ちを最後に現役を引退した。

獲得タイトル[編集]

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

空位
前タイトル保持者
ジョン・ジョン・モリナ
第10代IBF世界スーパーフェザー級王者

1995年4月22日 - 1995年7月9日

次王者
トレイシー・ハリス・パターソン