エステル交換反応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

エステル交換反応(エステルこうかんはんのう、Transesterification)は、エステルアルコールを反応させた際に、それぞれの主鎖部分が入れ替わる反応である。アルコールがメタノールの場合はメタノリシスと言う[1]

エステル交換反応

または塩基触媒として利用される。酸触媒を用いる場合、プロトンカルボニル基へ配位することによって、カルボニル基の求電子性が増加する。塩基触媒は、アルコールのプロトンを引き抜かれやすくすることで、求核性を増加させる。どちらも反応速度を増加させる効果を持つ。

エステル交換反応はジエステルジオールを使ったポリエステルの合成に使われる。たとえば、テレフタル酸ジメチルエチレングリコールを反応させるとポリエチレンテレフタラートメタノールが得られ、メタノールを蒸発させることによって反応が進行する。

また、エステル交換反応の逆反応は、ポリエステルをモノマーケミカルリサイクルする際や、長鎖脂肪酸とグリセリンのトリエステルである油脂から長鎖脂肪酸のモノエステルであるバイオディーゼルを生産する際などに利用されている。

参考文献[編集]

  1. ^ 市原謙一 (2012年2月). “脂肪酸分析は意外と簡単”. 2014年1月13日閲覧。