エサラ・ペラヘラ祭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
祭りのゾウ
1885年頃の祭りの様子

エサラ・ペラヘラ祭(Esala Perahera)は、スリランカ中部州キャンディで行われる祭り

ペラヘラは行列を意味する言葉で、祭り自体はスリランカ国内各地で行なわれているが、キャンディのエサラの月の新月から満月にかけての2週間で行なわれるエサラ・ペラヘラ祭は、中でも最大の規模である。

仏歯を納めた舎利容器を背に乗せた、装飾(電飾)されたゾウを先頭に、音楽隊やダンサーなどの群が街中を歩いてパレードするのがペラヘラの由来となっている。

現在では仏歯に対する祭祀であるが、祭りに仏歯が加わったのは1775年からで、以前はキャンディのヒンドゥー教の守護神であるナータヴィシュヌカタラガマパッティニの神々を祀る祭祀であった[1]

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 地球の歩き方スリランカ 2005-2006年版』 ダイヤモンド社2005年