ウンターアイゼスハイム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
紋章 地図
(郡の位置)
Wappen Untereisesheim.svg Lage des Landkreises Heilbronn in Deutschland.png
基本情報
連邦州: バーデン=ヴュルテンベルク州
行政管区: シュトゥットガルト行政管区
郡: ハイルブロン郡
緯度経度: 北緯49度12分
東経09度12分
標高: 海抜 161 m
面積: 3.67 km²
人口:

4,143人(2012年12月31日現在) [1]

人口密度: 1,129 人/km²
郵便番号: 74257
市外局番: 07132
ナンバープレート: HN
自治体コード: 08 1 25 096
行政庁舎の住所: Rathausstraße 1
74257 Untereisesheim
ウェブサイト: www.untereisesheim.de
首長: イェンス・ウーヴェ・ボック (Jens Uwe Bock)
郡内の位置
Untereisesheim in HN.png

ウンターアイゼスハイム(Untereisesheim)は、ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州ハイルブロン郡に属す町村(以下、本項では便宜上「町」と記述する)。

地理[編集]

ウンターアイゼスハイム付近を流れるネッカー川

ウンターアイゼスハイムはハイルブロンの北、ネッカー川の畔に位置する。

隣接する市町村[編集]

ウンターアイゼスハイムに隣接する3つの市は、南から時計回りに、ネッカーズルムバート・ヴィンプフェンバート・フリードリヒスハルであり、いずれもハイルブロン郡に属す。ウンターアイゼスハイムは、ネッカーズルムおよびエアレンバッハとともに行政共同体を形成する。

歴史[編集]

ウンターアイゼスハイムは、767年ロルシュ文書に "Eisesheim" として初めて言及されている。1243年にアイゼスハイム家がヴァインスベルク家レーエン領主としてこの地に入った。現在の町の紋章は、これに由来する。1461年にローマースハイム家がウンターアイゼスハイムを購入した。1529年に領主は、全領民に宗教改革をもたらした。

三十年戦争の時代、1622年5月6日、(バート・)ヴィンプフェンからウンターアイゼスハイム付近で、数千人の死者が出たヴィンプフェンの戦いがあった。カトリックティリー伯が勝利を収め、バーデン=ドゥルラハ辺境伯ゲオルク・フリードリヒプロテスタント同盟軍は敗北、ヴュルテンベルク公ヨハン・フリードリヒの弟マグヌスまでがなくなった。1655年にこの村はヴュルテンベルク公に売却された。

1925年には、この村の人口は、わずか600人程度であった。1960年頃から大規模な工業用地が整備され、人口は飛躍的に増加していった。1959年に1,000人、1973年に2,000人、1985年に3,000人、そして2005年には4,000人に達した。1970年代の自治体再編時にもウンターアイゼスハイムは、独立した自治体を維持した。

宗教[編集]

ウンターアイゼスハイムは宗教改革以来、伝統的にプロテスタントの町である。この町には独自の教会組織がある。カトリック教徒は、ネッカーズルムの聖ディオニシウス教会に属していた。1992年にこの町にもカトリックの教会堂ができた。

見所[編集]

  • プロテスタントのクニベルト教会: 1738年創設。現在の建物は1945年以後に修復されたものである。
  • ケルター広場のカトリックの聖フランツィスクス教会: 1992年建造。
  • 町役場近くの1893年に造られた村の泉
  • ケルター広場の人形の泉(Figurenbrunnen)
  • 戦争記念碑: 1914-18年の死者のために建てられたが、1945年以後に1939-45年の死者・行方不明者もその名が刻まれた。

行政[編集]

議会[編集]

ウンターアイゼスハイムの議会は14議席からなる。これに議長を務める首長が加わる。

紋章と旗[編集]

図柄: 黒地に斜めに組み違えられた2本の銀の矛槍。

旗は、白 - 黒

ヴュルテンベルクの文書部門は、1918年に町と紋章について協議を行った。1946年からこの紋章が使われた。この紋章のデザインは、1382年のヴィルヘルム・フォン・アイゼスハイムの印章に基づいている。紋章と旗は、1963年3月4日にバーデン=ヴュルテンベルク州内務省の認可を得た。

友好都市[編集]

経済と社会資本[編集]

企業と産業[編集]

ウンターアイゼスハイムは、主として住宅地である。住民の多くの職場は、ハイルブロンやネッカーズルムにある。1985年頃からクレッスグラーベン産業地域に、いくつかの中小企業が稼働している。

農業[編集]

約200ha以上の農業用地のおよそ90%が、耕作用に用いられている。

ウンターアイゼスハイムはまた、伝統的なワイン町であり、ヴュルテンベルク・ワインのヴュルテンベルク・ウンターラント地方シュタウフェンベルク大地区に属す。しかしブドウの作付け面積は約7haと非常に小さい。

交通[編集]

ウンターアイゼスハイムは、連邦アウトバーンA6号線(ザールブリュッケン - ヴァイトハウス)のハイルブロン=ウンターアイゼスハイム・インターチェンジが近くにある。また、1日あたり1,500台以上の車両が通過する道路(郡道1100号線)が町内を走っており、町の大きな負担となっている[2]。計画されていたバイパス工事は、経済的事情から時期未定の状態にまで後退してしまった[3]

メディア[編集]

ウンターアイゼスハイムでのニュースは、日刊紙 Heilbronner Stimme の北中部版(NM)に掲載される。

町の週毎の報告書は、バート・フリードリヒスハルのVerlag Nussbaum Medienに掲載される。町の担当部署に申し込めば定期購読可能である。

教育[編集]

この町には、基礎課程の学校があるのみである。スクールバスが運行している、より上級の学校は、ネッカーズルムまたはバート・ヴィンプフェンにある。

この町の図書館には、1万点を超える蔵書がある。

引用と脚注[編集]

  1. ^ バーデン=ヴュルテンベルク州の市町村別人口 2012
  2. ^ Verkehrswirtschaftliche Untersuchung „Umfahrung Gemeinde Untereisesheim und Stadt Bad Wimpfen“, Analyse 2002, Planungsbüro Bender+Stahl, Ludwigsburg. Verkehrsaufkommen am Ortseingang aus Richtung Obereisesheim: 16803 Fahrzeuge in 24h
  3. ^ Pressemitteilung des Regierungspräsidiums Stuttgart vom 27. Juni 2006

参考文献[編集]

  • Wolfram Angerbauer, Robert Koch: Geschichte von Untereisesheim. 1976, Herausgeber: Gemeinde Untereisesheim

(この文献は、ドイツ語版の参考文献として挙げられていたものであり、日本語版作製に際し直接参照してはおりません。)

外部リンク[編集]