ウラジロアカザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウラジロアカザ
Chenopodium glaucum kz.jpg
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : ナデシコ亜綱 Caryophyllidae
: ナデシコ目 Caryophyllales
: アカザ科 Chenopodiaceae
: アカザ属 Chenopodium
: ウラジロアカザ C. glaucum
学名
Chenopodium glaucum L.
和名
ウラジロアカザ
英名
oak-leaved goosefoot

ウラジロアカザ(裏白藜、学名:Chenopodium glaucum)は、アカザ科の一年草。

分布[編集]

ヨーロッパを原産地とする[1]

日本にも帰化しており、明治時代中頃に定着した[1]

特徴[編集]

草丈10-40cm。葉は互生し、葉裏が白っぽくなっている。地上を這うように伸びる茎には赤色の筋模様がはいる。

主に海岸や造成池、埋め立て地に生育している。

参考文献[編集]

  1. ^ a b 岩槻秀明 『街でよく見かける雑草や野草がよーくわかる本』 秀和システム2006年11月5日ISBN 4-7980-1485-0p.405