ウサギ肝コクシジウム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウサギ肝コクシジウム
分類
ドメイン : 真核生物 Eukaryota
: クロムアルベオラータ Chromalveolata
亜界 : アルベオラータ Alveolata
: アピコンプレックス門 Apicomplexa
: (訳語なし) Conoidasida
亜綱 : (訳語なし) Coccidiasina
: 真コクシジウム目 Eucoccidiorida
: アイメリア科 Eimeriidae
: アイメリア属 Eimeria
: ウサギ肝コクシジウム E. stiedae
学名
Eimeria stiedae (Lindemann, 1865) Kisskalt et Hartmann, 1907
和名
ウサギ肝コクシジウム

ウサギ肝コクシジウム(学名:Eimeria stiedae)とは、ウサギに肝コクシジウム症を引き起こすアイメリア属の1種。

生活環[編集]

ウサギは胞子形成オーシストを経口摂取する。胞子形成オーシストは4つのスポロゾイトを含み、肝門静脈を経て肝臓へ達し、最終的に胆管上皮に侵入し、そこでシゾゴニーとして知られる無性生殖を行う。シゾントの崩壊によって上皮細胞の崩壊や死滅が起こる。メロゾイトは他の細胞へ侵入して増殖するサイクルを1~数回繰り返すことがある。最終的にメロゾイトはミクロガメートサイトとなり、上皮細胞で無性生殖を行う。崩壊したミクロガメートサイトはマクロガメートサイトと共に細胞に寄生して有性生殖によりザイゴート(チゴート)を形成する。ザイゴートは胆汁排泄により排除される前に保護殻を発達させ、オーシストとして糞便と共に排泄される。

症状と病変[編集]

胆管のシゾントは胆管の過形成、胆管閉塞による肝腫大黄疸を引き起こす。肝不全によって腹水を伴う腹部膨満を呈する。

診断[編集]

糞便あるいは肝臓の塗抹標本におけるオーシストの証明はコクシジウム症の診断に用いられる。プレパテント・ピリオドは18日で胞子形成には3日必要である。