ウィーン工房

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィーン工房のショールーム

ウィーン工房(-こうぼう Wiener Werkstätte)は、20世紀始めに建築家ヨーゼフ・ホフマンとデザイナーコロマン・モーザーによって設立された工房である。

ウィリアム・モリスアーツ・アンド・クラフツに影響を受けたもので、1903年に設立。工芸、家具、装幀などを手がけた。中心人物のモーザーは4年ほどで脱退した。

若い画家に描かせた絵葉書や、オスカー・ココシュカの画集も刊行した。ウィーン工房の作品で特に有名なものはストックレー邸(1905-1911年)で、ホフマンが建物を設計し、グスタフ・クリムトが食堂の壁画を描いたほか、家具から食器まで、あらゆるデザインをウィーン工房が手がけた。

第一次世界大戦や世界恐慌の影響で次第に経営難に陥り、1932年に解散した。

関連項目[編集]