コロマン・モーザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Venus in der Grotte (ca. 1915)

コロマン・モーザー(Koloman Moser 1868年3月30日, ヴィーデン - 1918年10月18日 ウィーン)は19世紀末から20世紀始めにウィーンで活躍したデザイナー。ウィーン分離派の一人。愛称はコーロ(Kolo)で、コーロ・モーザーとも呼ばれた。

ウィーン生まれ。絵画、インテリア、家具、ステンドグラス、本の装丁、ポスター、ファッションデザインなど様々な分野で活躍した才人。

1897年、クリムトが設立したウィーン分離派に参加。1900年、ウィーン美術学校の教授になった。1903年、銀行家フリッツ・ヴェルンドルファーヨーゼフ・ホフマンと共にウィーン工房を設立。工房の中心になって活躍したが、4年ほどで工房を離れた。

  • 建築家オットー・ワーグナーと関わりが深く、アム・シュタインホーフ教会のステンドグラスや祭壇なども制作した。
Blumenstock und Keramikkrug (1912)

文献案内[編集]

外部リンク[編集]