ウィレム・バレンツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィレム・バレンツ
生誕 1550年ごろ
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国 ネーデルランド17州、テルスヘリング
死没 1597年6月20日?
ノヴァヤゼムリャ
職業 探検家
ウィレム・バレンツの最期

ウィレム・バレンツWillem Barentsz,1550年ごろ - 1597年6月20日)はオランダの航海士、探検家ヨーロッパ北部の海を探検した初期のヨーロッパの探検家の一人。

1594年東アジアに至る北東航路探検のため、2隻の船でアムステルダムを出航。ノヴァヤゼムリャの西岸に達した。そのまま島にそって北に進んだが、結局は引き返した。

1595年、7隻の船でヴァイガチ島南部の水路の通過を試みるも、既に凍結していたために失敗。

1596年の3度目の探険では2隻の船で出航し、スヴァールバル諸島を発見。スピッツベルゲン島(「尖った山」の意)と名づける(実際には既に12世紀末よりノルウェー人たちに知られていたとも言われる)。

その後船を東に向け、ノヴァヤゼムリャの北側を回ったが、氷に閉ざされたために、ノヴァヤゼムリャ北東岸での越冬を余儀なくされた。1597年春になっても船が動けなかったために、1597年6月13日にボートでコラ半島に向けて出発。船員たちの多くが生還したが、バレンツは1597年6月20日にノヴァヤゼムリャ付近で命を落とした。

1871年、バレンツらが越冬した家が完全な形で発見された。そこに残されていた多くのものはハーグに保管されている。1875年にはバレンツの日記の一部が発見された。バレンツの目的は、1879年スウェーデンの探検家アドルフ・エリク・ノルデンショルドによって成し遂げられた。

バレンツ海は彼の名をとって名づけられたものである。また、スヴァールバルにはバレンツブルクと名づけられた場所があり、現在はロシアの管理する炭鉱がある。