ウィリアム・ボイス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・ボイス
William Boyce
}
基本情報
出生 1711年9月11日
イングランドの旗 イングランドロンドン
死没 1779年2月7日(満67歳没)
職業 作曲家、オルガニスト

ウィリアム・ボイスWilliam Boyce, 1711年9月11日1779年2月7日)は、イギリス作曲家、オルガン奏者。

ロンドン生まれ。セント・ポール大聖堂の聖歌隊にいたが、その後、声変わりをしてモーリス・グリーンの下で音楽を学んだ。1734年、オルガン奏者のプロとして活動し始める。数々の同様の職を経て、1755年に「国王の音楽師範」に抜擢。1758年に王室礼拝堂のオルガン奏者になった。

難聴が酷くなり、オルガン奏者として活動が出来なくなると、仕事を辞め、師のモーリス・グリーンが未完成のまま残した「教会音楽」(Cathedral Music)の編纂の完成に努めた。その多くの作品は今日でも英国教会で使用されている。

主な作品に、8つの交響曲、賛歌、叙情詩、仮面劇「ペレウスとテティス」、ジョン・ドライデンの「世俗的仮面劇(Secular Masque)のための歌曲、ウィリアム・シェイクスピアの「テンペスト」「シンベリン」「ロミオとジュリエット」「冬物語」のための音楽、12のトリオ・ソナタなどがある。

ボイスは死後、忘れられた存在となり、今日でも作品が演奏されることは稀である。しかし1930年代に多くの作品が発見され、コンスタント・ランバートが校訂し指揮をした。

外部リンク[編集]