ウィリアム・フレッチャー・バレット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
サー・ウィリアム・フレッチャー・バレット

サー・ウィリアム・フレッチャー・バレット(Sir William Fletcher Barrett, 1844年 - 1925年)はイギリス物理学者

ウィリアム・クルックスオリバー・ロッジほど物理学の分野で華々しく活躍したわけではないが、堅実な研究で評価された。英国と米国のSPR創立に貢献。またテレパシーダウジングについての研究報告が多い。なお父は聖職者で、バレットも生涯敬虔なクリスチャンだった。

催眠状態で引き起こされる現象に興味を持ち、最初は幻覚説、次にテレパシー説を展開した。40年近く研究した後、暗示無意識、テレパシーだけでは説明できない超常現象があるという結論に達し、1918年には霊魂説を採った。

年譜[編集]

  • 1873年、Royal College of Science for Ireland教授となる(1910年まで続ける)。
  • 1876年、32歳でBAAS(the British Association for the Advancement of Science)生物学会にラップ音に言及した論文を提出し拒否される。ただ人類学部門だけは議長ウォレスの決定票などでその論文を受理した。バレットはBAASが超常現象について委員会を設けて調査するよう要請したが、果たせなかった。
  • 1881~82年にかけてSPR設立の主導者となる。
  • 1885年、米国に旅行し、米国SPR設立のきっかけを作る。
  • 1887年、バレットがテレパシー研究の対象としてきたクリーリー姉妹のトリックシジウィック夫妻によって暴露される。
  • 1890年代にダウジング研究をはじめる。
  • 1899年、スタロイを発見。王立協会フェローに選出される[1]
  • 1904年、SPR会長をつとめる。
  • 1912年、ナイト爵位を受ける[2]
  • 1918年、「On the Threshold of the Unseen」を発表。
  • 1925年、死去。81歳。
  • 1926年、Death-Bed Visions - The Psychical Experiences of the Dying 出版。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Barrett; Sir; William Fletcher (1844 - 1925); Physicist” (英語). Library and Archive catalogue. The Royal Society. 2012年3月28日閲覧。
  2. ^ London Gazette: no. 28588, p. 1745, 1912年3月8日. 2012年3月28日閲覧。