ウィリアム・クリスティ (天文学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ウィリアム・クリスティ (天文学者)

ウィリアム・クリスティー(Sir William Henry Mahoney Christie 、1845年10月1日 - 1922年1月22日)はイギリスの天文学者。1881年から1892年の間、グリニッジ天文台の台長(王室天文官)を務めた[1]

ウーリッチに生まれた。ケンブリッジ大学トリニティ・カレッジで学び、1870年からグリニッジ天文台で働き、1881年ジョージ・エアリーの後を継いで、台長になった。王室天文官の職を1910年まで続け、65歳で引退した最初の王室天文官となった(これまでのエアリーやジョン・ポンドら王室天文官はより高齢になってもその職にあった。クリスティが引退した理由は不健康と伝えられる[2])。クリスティーの時代にグリニッジ天文台は位置天文学だけでなく、天体の写真観測や太陽活動の観測を行うようになった。

脚注[編集]

  1. ^ 日本天文学会, ed.「雑報 クリスチー逝く (PDF) 」 、『天文月報』第15巻第5号、日本天文学会、東京市1922年5月、 80頁、 ISSN 0374-2466NCID AN00154555NDLJP:33040222014年1月17日閲覧。
  2. ^ 日本天文学会, ed.「雑報 英國帝室天文家の交迭 (PDF) 」 、『天文月報』第3巻第8号、日本天文学会、東京市1910年11月、 97頁、 ISSN 0374-2466NCID AN00154555NDLJP:33038752014年1月17日閲覧。
先代:
ジョージ・ビドル・エアリー
グリニッジ天文台長
1881 - 1910
次代:
フランク・ダイソン