イヴ・アーノルド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イヴ・アーノルド (Eve Arnold, 1912年4月21日 - 2012年1月4日) は、アメリカ合衆国出身の写真家。マグナム・フォトに参加した初めての女性写真家である。

人物[編集]

ペンシルベニア州フィラデルフィアに生まれる。ニューヨークで働いていたときに写真に興味を持つようになり、ハーパース・バザー誌のディレクターから写真技術を学ぶ。

彼女の作品で最もよく知られているものは、1961年の映画「荒馬と女」のセットでのマリリン・モンローを撮影したものであろう。アーノルドは1951年からモンローを撮影し、モンローはアーノルドを最も信頼する写真家と語っていた。

エリザベス2世マルコムXなどの著名人の写真も撮っているが、他にも中国、ロシア、南アフリカ、アフガニスタンなど世界中を旅して撮影した。

2012年1月4日、死去[1]。99歳没。

参考文献[編集]

  • イヴ・アーノルド 『マリリン・モンロー レンズの向こうの真実』 佐藤忠男訳、JICC出版局、1989年ISBN 4-8806-3626-6
  • イヴ・アーノルド 『シネ・ロマン』 実川元子訳、愛育社、2004年ISBN 4-7500-0154-6

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ American photographer Eve Arnold dies aged 99 The Telegraph 2012年1月6日閲覧。