インドネシア語のスラング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

インドネシア語のスラング(インドネシアごのスラング、bahasa gaul(バハサ ガウル)又は bahasa prokem(バハサ プロケム))は、主にインドネシア都市地域で話されている非形式な言語である。インドネシアの俗語は、インドネシア語が、非公式に枝分かれしてできたものである。

bahasa gaul とは「言語の社交化」という意味で、ガウルとは「社交的になる」という意味である。この言葉は、1990年代後半に作られた。

一方、bahasa prokem は、1980年代前半につくられ、それは「ギャング又は自由人の言葉」という意味で、オランダの "preman" (:freeman,:vrijmann) から来た言葉で、それはギャングという意味である。

歴史[編集]

インドネシアの俗語は、主に流行のマスメディアラジオテレビ映画など)、十代の雑誌や、流行の文化雑誌などの特定範囲な出版物で使われている。インドネシアの俗語は、公式な場での話し言葉を除いた、毎日の生活で話される話し言葉だと推定されている。インドネシアの俗語が公式な場で使われる事は、極めてまれである。

インドネシアの俗語は常に変化し続け、流行の移り変わりにより、たくさんの単語がすぐに時代遅れになる。

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]