インディアナポリス・フージャーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ここでは、1887年から1889年にかけて、インディアナ州インディアナポリスを本拠地として、ナショナルリーグに加盟していたインディアナポリス・フージャーズIndianapolis Hoosiers)について記述する。

球団史[編集]

チーム名の「フージャー」(Hoosier)はインディアナの出身者及びインディアナ住民のことを表す。この球団はセントルイス・マルーンズ1886年シーズン後に破綻した際、そのフランチャイズ権が後のシンシナティ・レッズニューヨーク・ジャイアンツのオーナーとなるジョン・T・ブラッシュによって買い取られ、マルーンズ所属選手の多数を受け入れる形で本拠地をインディアナポリスに移して設立された球団である。

1887年にナショナルリーグに加盟したが、加入1年目エースだったエジプシャン・ヒーリーがリーグ最多の敗戦と被本塁打を記録するなど投手力が弱く最下位に終わる。2年目以降は少しずつ盛り返し、3年目の1889年には後の豪腕投手として知られるエイモス・ルーシーが入団、12勝10敗の成績を収めた。また攻撃の中心だったジャック・グラスコックは同じ年に205本のリーグ最多安打を記録、8月8日の試合ではサイクル安打を達成するなどの活躍をした。しかし上位に進出することはできず、3年の活動の後チームは解散した。

戦績[編集]

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1887年 NL 127 37 89 .294 8位 ウォッチ・バーナム
フレッド・トーマス
ホーラス・フォーゲル
Athletic Park I
1888年 136 50 85 .370 7位 ハリー・スペンス Athletic Park II
1889年 135 59 75 .440 7位 フランク・バンクロフト
ジャック・グラスコック

所属した主な選手[編集]

主な球団記録[編集]

  • 通算安打数:466(ジャック・グラスコック)
  • 通算本塁打:41(ジェリー・デニー)
  • 通算打点数:272(ジェリー・デニー)
  • 通算盗塁数:167(ジャック・グラスコック)
  • 通算勝利数:49(ヘンリー・ボイル)
  • 通算奪三振:280(ヘンリー・ボイル)

出典・外部リンク[編集]