インディアナポリス・フージャーズ (1884年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ここでは、1884年に、インディアナ州インディアナポリスを本拠地としてアメリカン・アソシエーションに加盟していたプロ野球チームである、インディアナポリス・フージャーズIndianapolis Hoosiers)について記述する。

球団史[編集]

1884年のアメリカン・アソシエーションの球団拡張の際加盟。他チームとの実力差があったのか、1884年のチーム防御率は4.20、チーム打率は.233だった。チームのエースだったラリー・マッキオンは開幕から連敗を重ね、チームは最初の1か月を3勝17敗1分と大きく出遅れてしまう。その後一度も上位に顔を出すことなくシーズンを終えた。エースのマッキオンはこの年敗戦数(41)、失点(350)、被本塁打(20)の3つの部門でリーグワーストを記録する。シーズン後半にはかつてボストンの名投手だったトミー・ボンドを所属させたが、ボンドは0勝5敗におわり、この年を最後に現役を引退した。シーズンの最後を10連敗で終えたチームは結局1年で解散となった。

戦績[編集]

※順位は勝率による。

年度 リーグ 試合 勝利 敗戦 勝率 順位 監督 本拠地
1884年 AA 110 29 78 .271 12位 ジム・ギフォード
ビル・ワトキンス
Seventh Street Park

所属した主な選手[編集]

主な球団記録[編集]

打撃記録
  • 通算安打数:111(マー・フィリップス)
  • 通算本塁打:6(ジョン・ケリンズ)
  • 通算得点数:58(ジョン・ケリンズ)
投手記録
  • 通算勝利数:18(ラリー・マッキオン)
  • 通算奪三振:308(ラリー・マッキオン)


出典・外部リンク[編集]