イルザ ナチ女収容所 悪魔の生体実験

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
イルザ ナチ女収容所 悪魔の生体実験
Ilsa, She-Wolf of the SS
監督 ドン・エドモンズ
脚本 ジョナ・ロイストン
製作 ハーマン・トレーガー(デイヴィッド・F・フリードマン
出演者 ダイアン・ソーン
グレッグ・ノフ
シャロン・ケリー
ジョージ・フラワー
音楽 ホースト・ウェッセル
撮影 グレン・ローランド
編集 カート・スニッチ
配給 日本の旗 グローバル
公開 日本の旗 1975年8月16日
上映時間 96分
製作国 カナダの旗 カナダ
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 イルザ アラブ女収容所 悪魔のハーレム
テンプレートを表示

イルザ ナチ女収容所 悪魔の生体実験』(イルザ ナチおんなしゅうようじょ あくまのせいたいじっけん、Ilsa, She-Wolf of the SS)は1974年に制作された映画。制作会社はカナダで撮影はアメリカで行なわれている。低予算のエクスプロイテーション映画ではあったが当時としては大ヒットし、後に多くの同種の映画を生み出す契機となった。撮影期間は9日間で、予算は数万ドルのうえ遅配が多く、デイヴィッド・F・フリードマンが自腹を切ってギャラなどを払い撮影を行なったにもかかわらず当時の制作会社は金を出し渋り、果てには予算の監査役がカナダから派遣されてきたという。そのためデイヴィッドは名前の掲載を拒否、ドイツ風の変名が用いられた。脚本家にも別人の名前が挙がっている。モデルは実在の人物イルゼ・コッホであるが、内容的にはそれほど関係ない。

ストーリー[編集]

1945年のナチス・ドイツ支配下にある第9医療収容所には日夜多くの男女が運び込まれていた。この収容所では医療の名を借りた生体実験が繰り返されていた。所長のイルザは独自の理論である、苦痛への耐久性における女性優位を証明すべく、生体実験を繰り返しながら痛みに強い女性を求めていた。そのため収容された女性は梅毒チフスといった病原菌を植え付けられたうえでの延命実験、高圧下における耐久実験、熱湯内での生存実験などなど使い捨ての実験動物扱いを受けていた。一方で男性はイルザの性欲のはけ口として夜な夜な寝室に呼ばれるが、彼女を満足させられない場合には去勢されて労働力とされてしまう。異常性欲を持つイルザは決して一人の男では満足せず、去勢される男性は日ごとに増えていった。また男女で会話しただけでも死刑、病気の女性は肉体が崩れるほどの損傷があっても延命させられるという過酷な状況の中で人々は絶望に苛まれながらその日を生きていた。

ある日、収容所にウォルフという男性が送られて来た。彼は自分の意思でセックスをコントロールできる特異体質であり、イルザとベッドをともにしても去勢されることなく、逆にイルザのお気に入りとなっていった。マリオという収容所の男性と親しくなったウォルフは、連合軍が助けにくると言って慰めながら解放を待とうとするが、次々と同室のものが死んで行く女性たちにとっては脱出以外に生をつかみとることはできなかった。マリオとウォルフはそんな女性たちに頼まれ脱走計画に手を貸すが、リーダー格のアンナがイルザにつかまり、苦痛除去実験のモルモットにされてしまう。日に日にぼろぼろにされて行くアンナを見て怖れおののく女性たち。そんな折りにかねてよりイルザが申請していた、将軍の視察がかない収容所は歓迎ムード一色になる。パーティーの手慰みとしてさえ殺されて行く囚人たち。しかしイルザと衛兵たちの油断もピークに達していた。果たして脱走計画は上手く行くのか。

キャスト[編集]

※エクスプロイテーション映画のため多くは偽名で参加している。

第9医療収容所の女所長であり医者の資格も持つ。豊満な胸と冷たい微笑みのナチ士官。嗜虐嗜好を持ち、女性の方が男性に比べて苦痛に耐えることができるという理論を証明すべく、日夜選りすぐりの女性を凄まじい耐苦痛実験にかける。一方でウォルフにぞっこんになるなど過剰な性欲を持て余し性的には満たされていなかった。反乱が起きた時にはウォルフの計略によりベッドに縛られており、何もできなかった。その状態でアンナに襲われるが九死に一生を得た、と思った矢先に救出に来たナチ士官により謀殺される。
  • ウォルフ:グレッグ・ノフ(この作品のみの変名)
ドイツ生まれのアメリカ人。性欲を自身でコントロール可能な特異体質であり、やろうと思えば一晩中でもできるらしい。その体質と長身、甘いマスクでイルザのお気に入りとなった。連合軍が助けに来ることを信じ、脱出計画も機会を待つよう説得した。性的に満たされていないイルザの心理を見抜き、SMプレイと見せかけた拘束でイルザをベッドに縛り付け拳銃を入手、反乱の先導者となった。ロゼッタという女性と恋仲になり、二人で収容所を脱出する。
収容所の古株。過去に1度イルザとベッドをともにしたことがある。そのため去勢されているが、ウォルフには切られていないと見栄を張った。反乱では見張台の機関砲を奪うなど大活躍するが、鎮圧に来た部隊に射殺される。
  • アンナ:マリア・マークス(この作品のみの変名)
物語序盤で収容所に送られて来た15人の女性のうちの1人。気丈な性格でイルザの電気張形挿入拷問に叫び声一つ上げずに耐えた。そのためイルザの理論証明の格好の対象とされ、将軍の視察直前に脱走未遂が発覚したことから見せしめとして特別な実験に供される。頭部に電流を流す、片眼をくりぬく、全身の皮膚を剥がすなどの苦痛に苦しまないようになったため、イルザの理論を証明する実験体として将軍に紹介されるが、後の反乱中に自力で地下室を脱出、拘束されているイルザを殺そうと馬乗りになってナイフを振りかざしたところで息絶える。
梅毒感染実験に供されていた女性。顔の右側が崩れている。反乱に参加するも収容所を脱することをあきらめ復讐だけを果たした。鎮圧部隊により殺害。
  • イングリッド:ジョー・ジョー・デビル(この作品のみの変名)
  • マイグリッド:サンディ・リッチマン
イルザの側近。反乱により殺される。
イルザとともに生体実験に関わった医者。反乱で殺される。
  • グレッチェン:ロディナ・ケーラー
  • 将軍:ウォルフガング・ロヒム(この作品のみの変名、リチャード・ケネディ
視察に来た将軍。イルザに聖水プレイをせがんだ。後に第9医療研究所の殲滅を命じる。
  • リヒター:ランス・マーシャル(この作品のみの変名)
ナチの士官。イルザにとどめを指した。第9医療研究所の殲滅部隊のリーダー。

参考資料[編集]

  • 『イルザ ナチ女収容所 悪魔の生体実験』株式会社MAXAM 販売のDVD版に収録のオーディオ・コメンタリーより

関連項目[編集]

外部リンク[編集]