イラク暫定政権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

イラク暫定政権(イラクざんていせいけん)は、イラクにおいて2004年6月1日に発足し、同年6月28日から2005年4月28日まで同国を統治した統治機構イラク暫定政府とも呼ばれる。

イラク戦争終結後に、イラク国民への統治権限の委譲を目的として定められた政治プロセス(移行期間のためのイラク国家施政法)に基づく、暫定的な統治機構である。 政治プロセスは、占領統治を行う連合国暫定当局から暫定政権へ主権を移譲、暫定政権は制憲議会選挙を実施し、それに基づいて発足する移行政府が恒久憲法を制定、恒久憲法に基づく議会選挙による議会が、正式政府を発足させることとされた。

暫定政権期間の主な出来事はイラク戦争の年表を参照

首脳[編集]

大統領元首となるがその役割は象徴的なものに留まり、実務は首相が総括する。

大統領、首相を始めとする閣僚のポストは、当初の国連案では党派色の弱いテクノクラート中心の人選が考えられていたが、最終的に連合国暫定当局のもとで一年近く統治の実務を担当してきたイラク統治評議会が自主的に選出した大統領、首相以下の閣僚を追認する形となった。大統領、首相は統治評議会のメンバー、またそれ以外の重要ポストも統治評議会の関係者によって埋められたので、親米的な人選であるとの批判もある。

略歴[編集]

関連記事[編集]