アール・デュー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アール・デューEarl Dew1921年 - 1941年2月2日)はアメリカ合衆国騎手。19歳の若さで全米リーディングジョッキーの座を獲得しながら、表彰式の日に殉職した悲劇の騎手である。

略歴[編集]

アイオワ州サック郡サック市生まれ。父が騎手だったことから、幼年期より馬に慣れ親しんでいた。

1937年、16歳でサラブレッド競馬のプロ騎手としてシカゴで騎乗を開始、1938年までには当地で頭角を現した。その後ニューオーリンズフェアグラウンド競馬場に移り、1939年11月29日に脚を骨折するまでリーディングジョッキーの座を守った。やがて、サンタアニタパーク競馬場などを経て、メキシコティファナにあったアグア・カリエンテ競馬場で騎乗した。

1940年、デューはウォルター・テイラーという騎手と全米リーディングジョッキー争いを演じていたが、1940年の最終日の騎乗でテイラーが落馬負傷したこともあって、通算287勝を挙げて全米リーディングジョッキーの座を獲得した。テイラーとの差はわずか1勝であった。

1941年1月7日、アイオワ州の州都デモインにおいて、大リーグ選手ボブ・フェラーとともに表彰された。

1941年2月2日、主戦場のアグア・カリエンテ競馬場において、リーディングジョッキーの表彰と記念の金時計の授与式が行われた。そして、授与式後の第6レースに騎乗することになった。

しかし、その競走において騎乗馬が直線半ばで故障し、落馬したところにさらに2頭の馬が激突するという事故に遭遇、頭蓋骨骨折による脳内出血の為、搬送中の救急車の車中で死亡した。わずか20歳の若さでトップ騎手に上り詰めながら、表彰式当日の事故による死は、悲劇としか言いようのない出来事であった。

3月3日には、デューが騎乗したことのあるサンタアニタパーク競馬場で追悼式が行われた。遺体は生まれ故郷のアイオワ州サック市に葬られている。

騎乗馬[編集]