アーデルグンデ・フォン・バイエルン (1823-1914)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モデナ公妃アデルゴンダ(アーデルグンデ)

アーデルグンデ・フォン・バイエルン(ドイツ語Adelgunde von Bayern, 1823年3月19日 - 1914年10月28日)は、バイエルン王国の王族。全名はアーデルグンデ・アウグステ・シャルロッテ・カロリーネ・エリーザベト・アマーリエ・マリー・ゾフィー・ルイーゼAdelgunde Auguste Charlotte Caroline Elisabeth Amalie Marie Sophie Luise)。バイエルン王ルートヴィヒ1世の三女で、モデナフランチェスコ5世の妃となった。イタリア語名はアデルゴンダ・ディ・バヴィエーラ(Adelgonda di Baviera)。

1823年3月19日、ルートヴィヒ1世(当時王太子)とその妃であったザクセン=ヒルトブルクハウゼンフリードリヒの娘テレーゼの間に第六子としてヴュルツブルクで生まれた。

1842年3月30日ミュンヘンでモデナ公子フランチェスコ(オーストリア=エステ大公フランツ)と結婚し、1846年に夫が即位したことによりモデナ公妃となった。1859年イタリア統一を目指すサルデーニャヴィットーリオ・エマヌエーレ2世によってモデナ公国が併合されるとフランチェスコ5世とともにウィーンへ亡命し、フランチェスコ5世の歿後はミュンヘンに戻った。

1914年10月28日ミュンヘンで死去した。遺骨はウィーンカプツィーナー教会にある皇帝納骨所カイザーグルフト)に収められている。

子女[編集]

夫であるフランチェスコ5世との間には以下の一女をもうけた。

  • アンナ・ベアトリス・テレジア・マリー (1848年 - 1849年)