アーサー・バーナード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アーサー・バーナード Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム アーサー「アート」・バーナード
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
種目 110メートルハードル
所属 LAAC, Los Angeles (USA)
アメリカ合衆国海軍
生年月日 1929年3月10日(85歳)
生誕地 アメリカ合衆国ワシントン州キング郡シアトル
身長 180㎝
体重 77kg
 
獲得メダル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
男子 陸上競技
オリンピック
1952 ヘルシンキ 110mハードル
編集 テンプレートのヘルプを表示する

アーサー・バーナードArthur Barnard1929年3月10日 - )は、アメリカ合衆国の元陸上競技選手である。彼は、1952年に開催されたヘルシンキオリンピックの男子110メートルハードル走で銅メダルを獲得した。

経歴[編集]

シアトルで生まれ、南カリフォルニア大学に進学した[1]

彼は110メートルハードル走の選手として活躍したが、同時期にハリソン・ディラードジャック・デービスという強力なハードラーがいたため、主要な競技会での優勝には無縁だった。南カリフォルニア大学在学中の1951年に、NCAA主催競技会で3位になったのが目立つ程度だった。翌年AAUの競技会で5位に終わった後、彼はヘルシンキオリンピックのアメリカ合衆国代表選考会で3位に入って、代表の座を勝ち取った。

ヘルシンキオリンピックでの110メートルハードル走は、30人の選手が出場して7月23日(予選)、7月24日(準決勝と決勝)という日程で実施された。選手たちは6つの組に分けられて予選を競い、各組上位2名が準決勝に進むことになっていた[2]。バーナードは6組に出場し、14秒4(手動計時電動計時では14秒61)の記録で準決勝に勝ち残った[3]。準決勝では1組に出場し、ディラードに次いで14秒2(手動計時、電動計時では14秒44)で決勝に進んだ[4]。決勝は、準決勝で各組3位までに入った6選手がメダルを目指して競い合った。バーナードはスタートに失敗してしまったが、その後挽回して14秒1(手動計時、電動計時では14秒40)でディラード、デービスに続いて3位となり、アメリカ勢がメダルを独占する結果となった[5][6]

脚注[編集]

  1. ^ USC OLYMPIANS:1904-2010 (PDF) 2011年10月14日閲覧。(英語)
  2. ^ 但し、予選の組は、3人から6人までのまちまちの数で分けられていた。
  3. ^ Athletics at the 1952 Helsinki Summer Games:Men's 110 metres Hurdles Round One 2011年10月14日閲覧。(英語)
  4. ^ Athletics at the 1952 Helsinki Summer Games:Men's 110 metres Hurdles Semi-Finals 2011年10月14日閲覧。(英語)
  5. ^ Athletics at the 1952 Helsinki Summer Games:Men's 110 metres Hurdles Final 2011年10月14日閲覧。(英語)
  6. ^ Athletics at the 1952 Helsinki Summer Games:Men's 110 metres Hurdles 2011年10月14日閲覧。(英語)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]