アンナ・レオポルドヴナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンナ・レオポルドヴナ
А́нна Леопо́льдовна
Anna Leopoldovna by L.Caravaque (after 1733, Tropinin museum).jpg
称号 ロシア大公女
出生 1718年12月18日
ロストック
死去 1746年3月18日(満27歳没)
ホルモゴルイ
配偶者 アントン・ウルリヒ
子女 イヴァン6世
エカチェリーナ
エリザヴェータ
ピョートル
アレクセイ
父親 カール・レオポルト
母親 エカチェリーナ・イヴァノヴナ
宗教 ルター派ロシア正教
テンプレートを表示

アンナ・レオポルドヴナ(А́нна Леопо́льдовна / Anna Leopoldovna, 1718年 - 1746年3月18日)は、ロシア皇帝イヴァン6世の母后で摂政(在任1740年 - 1741年)。アンナ・カルロヴナ(А́нна Ка́рловна / Anna Karlovna)とも呼ばれる。メクレンブルク=シュヴェーリン公カール・レオポルトと、イヴァン5世の三女エカチェリーナ・イオアノヴナとの間の一人娘。女帝アンナは母の妹に当たる。

ドイツ語名はエリーザベト・カタリーナ・クリスティーネ(Elisabeth Katharina Christine)。

生涯[編集]

生い立ち[編集]

アンナの曽祖父アレクセイには先妻の子であるフョードル3世とイヴァン5世、後妻の子であるピョートル1世(大帝)がおり、相次いでツァーリ又は皇帝となった。ピョートル大帝の死後、その男系の子孫が絶えると、ピョートル大帝の血統を回避し、また傀儡として最高枢密院の影響力を維持するため、イヴァン5世の娘であったアンナ・イヴァノヴナが帝位に就く。

エリーザベト・カタリーナは、イヴァン5世の三女エカチェリーナ・イヴァノヴナの一人娘、すなわちイヴァン5世の唯一の孫として誕生した。

ロシアへ[編集]

1722年、両親の不仲から、母とともにロシアへ渡る。1733年、ロシア正教に改宗、すなわちアンナ女帝の後継者となる可能性が高くなる。改宗とともに、名をアンナ・レオポルドヴナと改める。

女帝の寵臣エルンスト・ビロンは、彼女を自分の息子と結婚させようとしたが失敗した。1739年ブラウンシュヴァイク=リューネブルク家の公子アントン・ウルリヒ[1]と結婚。翌1740年8月に長男イヴァンを出産した。死期の近いアンナ女帝は、すぐさまこの新生児を後継者に指名した。自ら帝位を継ぐつもりだったアンナ・レオポルドヴナは、この決定に落胆したという。

1740年10月アンナ女帝が崩御し、生後2か月のイヴァンが即位するが、摂政に指名されたビロンはまもなく失脚した。これにより母后のアンナ・レオポルドヴナが、大公女の称号を得て摂政を引き継いだ。ピョートル大帝の娘で軍隊から熱烈に支持されるエリザヴェータを危険視していたアンナ・レオポルドヴナは、1741年11月にエリザヴェータを呼び出し忠誠を誓わせた。

ところが11月25日、エリザヴェータは自分を慕う近衛軍に命じてクーデターを実行。摂政アンナ・レオポルドヴナをはじめ政府要人を逮捕させ、イヴァン6世から帝位を簒奪した。

失脚後[編集]

エリザヴェータは当初、アンナ・レオポルドヴナとその家族に、廃帝イヴァン以外の家族全員をドイツに戻すと約束していた。しかし約束は守られず、一家は1744年リーガ近郊の要塞から北ドヴィナ川河畔のホルモゴルイに移送される。

アンナ・レオポルドヴナは1746年3月18日、その地で3男アレクセイの出産中に死亡した。引き離されたイヴァン6世は1764年に殺害され、アントン・ウルリヒも1774年に獄死。残る4人の子供たちは1780年エカチェリーナ2世から特赦を受けてロシアを離れ、デンマーク王妃ユリアーネ・マリー[2]の庇護のもと、ホーセンスで年金受給者として余生を送った。

子女[編集]

脚注[編集]

  1. ^ マリア・テレジアの母方のいとこにあたり、ロマノフ家ハプスブルク家の関係を強化させる縁組でもあった
  2. ^ アントン・ウルリヒの妹にあたる