アンナン山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字(CJK統合漢字拡張B)が含まれています詳細
アンナン山脈(プ・マット国立公園、ベトナム

アンナン山脈: Annamite Range)またはチュオンソン山脈Dãy núi Trường Sơn𡉏𡶀長山) は、インドシナ半島東部をラオスからベトナムにかけて走る山脈。全長約1,100km(700マイル)。ベトナムの海岸線とほぼ平行に位置する。

ラオスではフアパン県シエンクワーン県は山脈の東側に位置するが、メコン川流域である他の県は、山脈の西側に位置している。

山脈とメコン川の間には、ボーラウェン高原などの高原地帯が存在する。

1990年代にサオラ(ベトナムレイヨウ)、オオポエジカ、ヒメポエジカ、トラフウサギなどの新種の大型哺乳動物が発見されている[1]

名称[編集]

  • ベトナム語Dãy Trường Sơn, Dãy núi Trường Sơn(日本語表記:チュオンソン山脈)
  • ラオス語Phou Luang
  • フランス語Chaîne Annamitique
  • 英語Annamite Range, Annamese Range, Annamese Mountains, Annamese Cordillera, Annamite Mountains, Annamite Cordillera

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 武田晋也「森の国ラオス」/ 菊池陽子・鈴木玲子・阿部健一編著『ラオスを知るための60章』明石書店 2010年 32ページ

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]