アンドレ・スピール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドレ・スピールAndré Spire, 1868年7月28日 ナンシー - 1966年 パリ)はフランスの弁護士、ジャーナリスト作家(詩、小説)。

人物[編集]

ユダヤ人労働者のための民衆大学を創設し、またフランスにおける近代政治シオニズムの代表者である。

プロレタリア階級意識とユダヤ教神秘主義が、叙情的詩の基調をなしている。

第二次大戦中は、反ナチスの運動に関わり、「作家国民戦線」の副議長をつとめた。

反ユダヤ主義に気付く[編集]

Conseil d'Etat Paris WA.jpg

行政訴訟の最高裁判所に当たる「国務院」で働くことを目指していたが、合格後、スピールを含むユダヤ系の二人だけは食事会に呼ばれなかった。このことから、反ユダヤ主義と、自らのアイデンティティに気付いた。

また1894年ドレフュス事件により、社会的使命に目覚めることになった。 1898年、労働者の権利を守る「民衆大学」を設立した。

また第一次世界大戦後、フランスにおける近代政治シオニズムの代表者となった。

関連項目[編集]

作品[編集]

[編集]

  • La Cité présente, 1903 ;
  • Et vous riez !, 1905 ;
  • Et j'ai voulu la paix !, 1916 ;
  • Poèmes juifs, 1919 「ユダヤ人の詩篇」;
  • Le secret, 1919
  • Samaël, 1921 ;
  • Fournisseurs, 1924
  • Poèmes de Loire, 1929 「ロワール詩篇」
  • Poèmes d'ici et de là-bas, 1944 ;
  • Poèmes d'hier et d'aujourd'hui, 1953 ;
  • Poèmes juifs, 1959.

散文[編集]

  • Israel Zangwill, 1909 ;
  • Les Juifs et la guerre, 1917 ;
  • Le Sionisme, 1918 「シオニズム」;
  • Quelques Juifs et demi-Juifs, 1928 - ユダヤ人社会の研究書;
  • Plaisir poétique et plaisir musculaire, 1944.