アントワーヌ・ピネー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アントワーヌ・ピネー
Antoine Pinay

任期 1952年3月8日1953年1月8日
元首 ヴァンサン・オリオール大統領

出生 1891年12月30日
ローヌ県サン=サンフォリアン=シュル=ソーヌ
死去 1994年12月13日(満102歳没)
政党 NI (1936年-1938年)
UDRフランス語版 (1938年-1940年)
RIフランス語版 (1946年-1955年)
IPAS/CNIPフランス語版 (1956年-1959年)

アントワーヌ・ピネーピネAntoine Pinay1891年12月30日 - 1994年12月13日)は、フランス右派保守政治家1952年から1953年までフランス首相を務めた。ローヌ県サン=サンフォリアン=シュル=ソーヌ出身。戦後のフランス政界において、最も猛烈な性格の人物という評を得た人物であり、首相経験者としては最長命を誇った。

第一次世界大戦に出征、戦傷を負い右腕に障害が残る。小さななめし皮工場経営者として出発し、1929年ローヌ県サン・シャモン Saint-Chamond市長に当選する。1936年フランス国民議会総選挙にロワール県から立候補し当選する。第二次世界大戦中は、ヴィシー政権の全国評議会評議員に任命されたため、戦後一時的に被選挙権を剥奪された。ピネーは、戦後フランス政界にあって右派(保守)政党結成に動き、全国独立主義者農民センターフランス語版(Centre National des Indépendants et Paysans、略称CNIP)を結成した。この間、ピネーは1950年に公共事業・運輸・観光相として初入閣した。

1951年総選挙の後、ルネ・プレヴァンエドガー・フォール両内閣が短命のうちに倒れる中、ヴァンサン・オリオール大統領は、フランス社会党(SFIO)を中心とする組閣を断念し、1952年3月ピネーを首相に指名した。ピネーはこの当時、比較的知名度が低かったが、広範な党派の同意を得、組閣に成功した。ピネー内閣の成立は右派の復権と見なされ、事実、戦前の対独融和主義者であったジョルジュ・ボネ元外相などが復権した。『リベラシオン』はピネー内閣を「古典的右翼」と非難している。一方でピネー内閣は、「ピネー神話」といわれるようにフランス経済に好況をもたらしたとされる(実際のフランス経済の浮揚はピネー退陣後とされる)。ピネー内閣は、国内のインフレーション第一次インドシナ戦争の継続とアメリカの軍備拡張要求により財政赤字に悩まされた。また、北アフリカの独立運動も活発化していった。1952年12月、53年度予算案が議会を通らなかったため、内閣総辞職した。

1958年アルジェリア危機が先鋭化すると、ド・ゴールを支持し、ド・ゴール内閣の蔵相に就任した。

1994年12月13日死去。103歳に二週間足りなかった。

先代:
モーリス・ブルジェ=モーヌリ
公共事業・運輸・観光相
1950年 - 1952年
次代:
アンドレ・モーリス
先代:
エドガー・フォール
フランスの首相
1952年 - 1953年
次代:
ルネ・マイエール
先代:
ロベール・ブーロン
経済・財政相
1952年 - 1953年
次代:
モーリス・ブルジェ=モーヌリ
先代:
エドガー・フォール
外相
1955年 - 1956年
次代:
クリスチャン・ピノー
先代:
エドガー・フォール
経済・財政相
1958年 - 1960年
次代:
ウィルフリド・ボウムガルトネル(ヴィルフリート・バウムガルトナー)
先代:
エドゥアール・ボネファウス
公共事業・運輸・観光相
(暫定)
1958年
次代:
ロベール・ブーロン