アントニオ・ロペス・ガルシア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
『日と夜』
アントニオ・ロペス・ガルシア

アントニオ・ロペス・ガルシアAntonio López García1936年1月6日 - )は、スペインの画家。

概要[編集]

ニューヨークでの万国博覧会を契機として国際的に活躍しスペイン国内のみならず国際的に非常に高い評価を得ている、マドリード・リアリズムの中心人物。ただし、ロペスとは異質の相容れない様式で制作するエドゥアルド・ナランホのような画家と十把一絡げに同様のものと看做されることに対しては、異議を唱える。同年に生まれた画家にはフランク・ステラ野田弘志クラウディオ・ブラーボが、美術家には李禹煥荒川修作がおり、野田とは同じ展覧会に出品するなどしている。

日常的な光景を細部に引きずられない迫真的な描写で的確に描き出す一方、『アトーチャ』(1964)や『皮を剥がされたウサギ』(1972)のように演出の色合いが濃い、ドラスティックな作品もある。一作に膨大な歳月を掛けることも珍しくない。例えば『フランシスコ・カレテロ』 (1961-1987)のように、20年以上の時間を割き、それ故にこそ堅固で荘重な文理・テクスチャーとよく探究された諧調・色価を備えた絵画を制作している。然るに寡作であって、2回目の個展以降、24年もの間作品をまとめて発表する機会を持たなかったという逸話がある。塑像などのいわゆる立体作品も手掛けている。しかし、ロペス自身は「他人がどういおうとすべて私の作品は絵画である」と述べる。また、ロペスを扱った映画もある。

スペイン生まれの画家として有名なパブロ・ピカソとは一見大きく隔たっているように見えるかも知れないが、ロペスが幼少の頃ピカソは存命であった。具体的な関連を見いだすこともできる。単純な技法の上ではピカソのハッチングを思わせる描線が見いだされる絵画があるし、『洗面台と鏡』(1967)や『便器と窓』(1968-71)に見られる視点の併合は、ポール・セザンヌをひとつの起点とするピカソのキュビスムに呼応する。美術評論家米倉守は、ロペスの「ピカソをはじめとするスペインの作家」に対する態度について「彼らの仕事を横から眺めていたのではなく、きちっと正面から見つめていただろう。」 と述べている。

ロペスは『便器と窓』などのように、幾度か便器を描いているが、このとき、マルセル・デュシャンの『泉』を無視することはできない。作品のこのような言及的な性格は、「現実に対する」「忠誠を表明する」、「伝統的な主題と技術を用いる」画家のものとしてはラディカルである。このことから、基礎的な造形性や共有され一般化された審美性に依存した方法を採用していないことが分かる。ロペスのこの「単なる快いだけの美」の否定については野田弘志も指摘するところである。

経歴[編集]

代表作[編集]

  • 『アトーチャ』 1964
  • 『洗面台と鏡』1967
  • 『浴槽の女』 1968
  • 『便器と窓』1968-71
  • 『男と女』 1968-91
  • 『トレス ブランカスから見たマドリード』 1971

映画[編集]

  • 『マルメロの陽光』 ビクトル・エリセ, アントニオ・ロペス・ガルシア

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  • 「Antonio LÓPEZ」EDICIONES POLIGRAFA (西)ISBN 84-343-0808-8
  • 「スペイン美術はいま―マドリード・リアリズムの輝き」図録 朝日新聞社 1991
  • 美術の窓 1992年7月 no,116
  • 「写実・レアリズム絵画の現在」図録 奈良県立美術館 2002

外部リンク[編集]