アレン・ハイティング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレン・ハイティングArend Heyting1898年5月9日 - 1980年7月9日)は、オランダ数学者論理学者1898年にオランダの首都アムステルダムで生まれる。 元々は形式主義者であるダフィット・ヒルベルトの弟子であったが、後にヒルベルトの論敵であるライツェン・エヒベルトゥス・ヤン・ブラウワーの弟子となり、直観論理を研究し、1930年にその論理の最初の形式化された「公理体系」を提唱した[1]。ヒルベルトは生涯、ハイティングが自らの元を去った事を悔やんだと言われている。 1980年スイスルガノで亡くなる。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Walter P. van Stigt (1990). Brouwer's Intuitionism. Amsterdam: North Holland.

外部リンク[編集]