ハイティング代数

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

数学におけるハイティング代数(ハイティングだいすう、: Heyting algebra)とは、アレン・ハイティングにちなんで名付けられた、ブール代数を一般化した性質を満たす半順序集合の一種である。必ずしも排中律が成り立たない直観論理のモデルとして提唱された。ハイティング代数のさらに特別な場合である完備ハイティング代数はの理論の定式化にも用いられる。

関連項目[編集]