アレックス・ガンサ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アレックス・ガンサAlex Gansa)は、アメリカ合衆国の脚本家、プロデューサーである。テレビシリーズ『HOMELAND』で製作総指揮兼ショーランナーを務めている。

キャリア[編集]

美女と野獣英語版』(1987年 - 1990年)では一部のエピソードで製作、脚本を務めた。その後、『Xファイル』の最初の2シーズンで脚本とスーパーバイジングプロデューサーと脚本、『ドーソンズ・クリーク』の第3シーズンで製作総指揮を務めた。他に『NUMBERS 天才数学者の事件ファイル』、『アントラージュ★オレたちのハリウッド』にも参加した。

24 -TWENTY FOUR-』では第7シーズンから脚本家として参加した[1]

2011年からはショウタイムの『HOMELAND』で企画・脚本・製作総指揮を務めている[2]。2012年、『HOMELAND』のパイロットエピソード「英雄の帰還」を執筆したことによりプライムタイム・エミー賞脚本賞(ドラマ部門)を受賞した。また番組はプライムタイム・エミー賞作品賞(ドラマ部門)を獲得した[3]

参考文献[編集]

  1. ^ Fall Network TV Preview: ABC, CBS, FOX”. backstage.com (2007年9月10日). 2007年10月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月17日閲覧。
  2. ^ Siegel, Tatiana (2011年9月17日). “Gordon, Gansa turn to 'Homeland'”. Variety. http://www.variety.com/article/VR1118042934?refCatId=14 2011年9月18日閲覧。 
  3. ^ http://www.emmys.com/nominations/2012/Outstanding%20Writing%20for%20a%20Drama%20Series

外部リンク[編集]