アレクサンドル・ソコロフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ロシアの旗 ロシアの政治家
アレクサンドル・ソコロフ
Александр Сергеевич Соколов
Alexander Sergeevich Sokolov.jpg
アレクサンドル・ソコロフ
生年月日 1949年8月8日(64歳)
出生地 ソビエト連邦の旗 ソビエト連邦 レニングラード(現在のサンクトペテルブルク
出身校 モスクワ音楽院
前職 モスクワ音楽院学長
称号 博士

内閣 第1次ミハイル・フラトコフ内閣
第2次ミハイル・フラトコフ内閣
ヴィクトル・ズブコフ内閣
任期 2004年5月9日 - 2008年5月12日
テンプレートを表示

アレクサンドル・セルゲーエヴィチ・ソコロフロシア語: Александр Сергеевич Соколов、ラテン文字表記の例:Aleksandr Sergeevich Sokolov1949年8月8日 - )は、ロシア音楽学者政治家2004年5月9日から2008年5月12日までロシア連邦文化・コミュニケーション大臣レニングラード(現、サンクトペテルブルク)出身。

モスクワ音楽院を修了し、音楽理論の学位を得る。1982年音楽理論で博士号を取得。1972年モスクワ音楽院音楽分析過程教授。1993年から正教授。1996年音楽理論部学部長。1992年から2001年まで、モスクワ音楽院副学長を経て、2001年から2004年まで学長を勤めた。 1999年ロシア連邦名誉芸術労働者、2005年ロシア国家賞受賞。 『20世紀音楽作曲法導入』(2004年)など音楽理論に関する著作多数。私生活では、夫人との間に2子有り。

先代:
ミハイル・シュヴィドコイ
ロシア文化相
2004年 - 2008年
次代:
アレクサンドル・アヴデーエフ