アルミランテ・グラウ (巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
BAPGrau1.jpg
BAP Almirante Grau (CLM-81)
艦歴
建造者 オランダの旗 オランダ スヒーダム造船所
運用者  ペルー海軍
起工 1939年9月5日
進水 1944年12月24日
竣工 1953年11月18日
就役 1953年11月18日 (オランダ海軍)
1973年5月 (ペルー海軍)
主要諸元
艦種 巡洋艦
排水量 基準: 9681トン
満載: 12,196トン
全長 187.32m
全幅 17.25m
吃水 6.72m
機関 蒸気タービン×2基
スクリュープロペラ×2軸
機関出力 85,000 shp / 63,000 kW
速力 32ノット
乗員 953名
兵装 ボフォース 152mm連装砲×4基
ボフォース 40mm連装機銃×2基
オトマートSSM発射筒×8基
テンプレートを表示

アルミランテ・グラウ英語: BAP Almirante Grau (CLM-81))はペルー海軍巡洋艦

艦歴[編集]

1953年オランダ海軍デ・ロイテル級巡洋艦デ・ロイテル(De Ruyter)」として就役。1973年に退役。同年、チリがスウェーデン海軍の巡洋艦「イエータ・レヨン(Gota Lejon)英語版スウェーデン語版」を購入したのに対抗して、ペルーが購入した。

ペルー購入後、「アルミランテ・グラウ」と改名された。この艦名はペルーの提督ミゲル・グラウスペイン語版英語版にちなんだものである。1973年7月11日、新しい母港カヤオに到着した。ペルー海軍での公式分類はミサイル軽巡洋艦(Crucero Ligero Misilero )である。

「アルミランテ・グラウ」は艦隊旗艦となった。1985年から1988年までアムステルダムで近代化改装が行われ、その間、同型艦の「アギレ(Aguirre)」が「アルミランテ・グラウ」として旗艦の任務を引き受けた。1988年2月15日、旧「デ・ロイテル」のほうがカヤオに帰還し、それぞれ元の艦名に戻った。


同型艦[編集]