アルベルト・ディ・ジュッサーノ (軽巡洋艦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
艦歴
発注:
起工: 1928年3月29日
進水: 1930年4月27日
就役: 1931年2月5日
退役:
その後: 1941年12月13日戦没
除籍:
性能諸元
排水量: 基準 5,191トン
全長: 169.3 m
全幅: 15.5 m
吃水: 5.3 m
機関:
最大速: 37ノット (67 km/h)
兵員: 507名
兵装: 53口径15.2cm連装砲4基
連装魚雷発射管2基

アルベルト・ディ・ジュッサーノ(Alberto di Giussano)はイタリア海軍軽巡洋艦アルベルト・ディ・ジュッサーノ級軽巡洋艦の1番艦で、ジェノヴァアンサルド社で建造され1931年に竣工、第二次世界大戦で戦没した。

艦歴[編集]

1928年3月29日に起工。 1930年4月27日に進水。1931年2月5日に竣工。

1940年7月9日、戦艦コンテ・ディ・カブールカイオ・ジュリオ・チェザーレなどとカラブリア沖海戦に参加した。

8月にはパンテレリア島沖で機雷を敷設した。その後は北アフリカへの輸送船団の支援に当たっていた。

1941年12月9日夕方、アルベルト・ディ・ジュッサーノはアルベリコ・ダ・バルビアーノと北アフリカのドイツ軍への補給のためにパレルモを出撃した。だが、シチリア島トラーパニ沖でイギリス軍機に発見され攻撃を受けたため、2隻はパレルモへと引き返した。

12月12日夕方、ガソリンなどの物資を搭載した2隻は護衛の水雷艇チーニョと再度出撃したがまたしても英軍機に発見されてしまう。これにより約1時間の遅れが生じイギリス艦隊に捕捉されてしまうこととなった。13日3時20分過ぎ、2隻はイギリス駆逐艦シークマオリリージョン、オランダ駆逐艦イサーク・スウェールズの奇襲を受ける。3本の魚雷が命中したアルベルト・ディ・ジュッサーノは沈没。またアルベリコ・ダ・バルビアーノも撃沈された。この戦闘はボン岬沖海戦という。

同型艦[編集]

関連項目[編集]