アルトゥール・ホヴァニシアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルトゥール・ホヴァニシアンAruturu Hovhannisian、男性、1975年9月13日 - )は、アルメニア出身の空手家。身長185cm、体重100kg。極真会館所属(伍段)。

来歴[編集]

15歳で極真空手を始めた。

2003年11月、第8回全世界空手道選手権大会でベスト16。

2004年、極真会館総本部の練習生として来日。翌2005年には正指導員となった。

2004年5月30日、「一撃」で藤田雅幸と一撃キックルールで対戦。初のグローブマッチとなったが3-0の判定勝ち。

2005年10月15日、第19回全ヨーロッパウェイト制空手道選手権大会男子90kg超級で優勝。

2006年9月23日、オールアメリカン空手道選手権大会で3位入賞。

2006年11月19日、第38回オープントーナメント全日本空手道選手権大会に出場。決勝で内田義晃に判定負けし、準優勝となった。

2007年11月、第9回全世界空手道選手権大会で3位入賞。

2009年3月29日、極真会館本部直轄恵比寿道場において百人組手を完遂(49勝12敗39分)。10年ぶり10人目の完遂者となった。98人目をグラウベ・フェイトーザ、99人目を田中健太郎、100人目をフランシスコ・フィリォが務めた。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]