アルテュール・デ・グレーフ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルテュール・デ・グレーフ

アルテュール・デ・グレーフArthur De Greef, 1862年10月10日 ルーヴァン - 1940年8月29日)はベルギーピアニスト作曲家

王立ブリュッセル音楽院ピアノを、イグナーツ・モシェレス門下のルイ・ブラッサンに師事。17歳で優等で卒業後、ヴァイマルに行きフランツ・リストの薫陶を受け修業時代を仕上げる。ヴァイマルでの2年間の後、演奏会ピアニストとして各地で演奏旅行を行い、成功者としての道のりを歩き始める。親交を結んだエドヴァルト・グリーグからは、「私がこれまで出会った中で一番の私の作品の理解者」と呼ばれ、カミーユ・サン=サーンスからも支持を得た。リストの高弟として遺した録音は、近年になって再発掘され、再評価されつつある。

作曲活動に着手したのは、ようやく30代を迎えてからだった。ラフマニノフの作風によく似た2つのピアノ協奏曲が代表作であるが、ほかに近年では、4手のためのピアノ・ソナタや、ピアノを含む室内楽曲も見直されつつある。