ルイ・ブラッサン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルイ・ブラッサン

ルイ・ブラッサンLouis Brassin, 1840年6月24日 - 1884年5月17日)はドイツ生まれのベルギー人ピアニスト作曲家・音楽教師。ブラサンとも表記される。本名の姓はドゥ・ブラシン (De Brassine)。

アーヘンに出生。父親は舞台俳優。6歳のときハンブルクで最初の演奏会を開く。翌年、父親がライプツィヒで職を得たため、自身はライプツィヒ音楽院に入学してイグナーツ・モシェレスに師事する。1848年、8歳のときシュターデにおいて、5歳の弟とともに演奏会を開いた。1857年にベルギーにおいて、初めてブラッサンの名で演奏会を開く。1866年からベルリンシュテルン音楽院に学ぶ。ブリュッセル王立音楽院のピアノ教授に任命されると、1869年より10年間ベルギーに定住して祖国の音楽界で重大な役割を果たした。1878年テオドル・レシェティツキの後任としてサンクトペテルブルク音楽院ピアノ科教授に就任。サンクトペテルブルクにて没。

ブラッサンは、リヒャルト・ワーグナーの数多くの作品をピアノ用に編曲しており、またピアノのための小曲をふんだんに作曲した。主要な門人にエドガール・ティネルやワシリー・サペルニコフがいる。

弟に、レオポルト・ブラッサン(Leopold Brassin, 1843年 - 1890年)とヴァイオリニストになったゲルハルト・ブラッサン(Gerhard Brassin, 1844年 - 1885年)がいる。両者はいずれもシュテルン音楽院やベルンに学び、たびたび一緒に演奏旅行を行なった。それぞれ自分の楽器のために作品を遺している。

作品[編集]

ピアノ曲[編集]

  • Première grande Polonaise pour Piano.
  • Deuxième grande Polonaise pour Piano.
  • 3eme grande Polonaise pour Piano.
  • Feuillet d'album (Albumblatt) pour le Piano.
  • Étude de concert (Ut majeur) pour le Piano.
  • Impressions d'Automne (Herbst-Eindrücke.) Trois etudes pour le Piano.
  • Menuet, Gavotte et Gigue pour le Piano.
  • Polka de la Princesse pour le Piano.
  • Sérénade.
  • Rêverie pastorale pour le Piano.
  • Rêverie pour le Piano.
  • Second Galop fantastique de Concert.
  • Les Adieux, morceau caractéristique pour Piano.
  • Grandes Etudes de Concert pour le Piano. Op. 12 [Nr. 1-6].
  • Mazurka de Salon pour Piano. Op. 14.
  • Au clair de la lune, Nocturne pour piano. Op. 17
  • Deuxième grand polonaise. Op. 18

編曲[編集]

  • 3 Morceaux pour le Piano d'apres D. Scarlatti.
  • Aus R. Wagners Der Ring des Nibelungen. No. 1. Walhall, No. 2 Siegmund's Liebesgesang, 3. Feuerzauber, No. No. 4. Der Ritt der Walküren, No. 5. Waldweben für das Pianoforte frei übertragen von L. Brassin.
  • Toccata d-Moll [BWV 565] für Orgel von Joh. Seb. Bach (Autorschaft Bachs heute angezweifelt); für Pianoforte zum Concertvortrag bearbeitet von Louis Brassin.
  • Choeur des soldats de l'opéra Faust de Gounod, Transcription de concert pour piano Op. 27.

外部リンク[編集]