アルゴスシステム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アルゴスシステム: Argos system)は地上にある固定またはモバイルプラットフォームから様々な環境データを収集し、処理・解析を行い、配信する人工衛星ベースのシステムである。アルゴスのユニークな点は、地球上どこでもドップラー効果を利用することで地理的にデータ源を見つける能力にある。アルゴスシステムは1978年に設立された。そしてその時以来、それは環境調査保護コミュニティに多くの場合、別の方法では入手不可能だったデータを提供した[1]。システムは今や完全に証明され、非常に信頼性が高い。多くの遠隔の自動気象観測所がアルゴス経由でデータを報告する。アルゴスは多くの世界的研究計画の重要な構成要素である:TOGATOPPWOCEARGO計画、その他。

アルゴスは、フランス国立宇宙研究センター (CNES)、アメリカ航空宇宙局 (NASA)、アメリカ海洋大気局 (NOAA) の3者間で合意覚書の下で開発された。

システムは、その任務を完了するために、地面と衛星ベース両方の資源を利用する。これらは以下を含む:

この完全に統合されたシステムは最も遠く離れたプラットフォームからユーザのデスクトップまで、しばしばリアルタイムに近いタイミングでデータの位置を特定して、そこまで届けるために動作する。アルゴスはフランストゥールーズに本拠がある CLS/Argos によって管理される。CLS はアメリカ合衆国に複数の子会社を持っている。即ち Service Argos、Inc. and North American CLS. である。そしてそれらはシステムの普及を促進する。

運営機関[編集]

アルゴスの衛星ベースのシステムは、以下によって設立された:

  • フランス国立宇宙研究センター (CNES)
  • アメリカ海洋大気局 (NOAA)
  • アメリカ航空宇宙局 (NASA)

この国際的な協同事業の最近のパートナーは以下の通りである:

  • 欧州気象衛星開発機構 (EUMETSAT)

無線局としてのアルゴスシステム[編集]

日本では、実験試験局という種別で免許される。 無線従事者は不要であるが、無線局免許を要する。 無線機電波法上の無線設備であるが、簡易な免許手続は適用されないので、予備免許を取得し落成検査に合格しなければ無線局免許状は交付されない。 この免許の無いまま運用してはならない。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Argos: Keeping track of the planet Rebecca Morelle, BBC News, 2007-06-07. Retrieved 2007-06-11.

関連項目[編集]

外部リンク[編集]