アメロゲニン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
amelogenin, X-linked
識別子
略号 AMELX
遺伝子コード AMG, AIH1
Entrez 265
HUGO 461
OMIM 300391
RefSeq NM_001142
UniProt Q99217
他のデータ
遺伝子座 Chr. X p22.3-p22.1
amelogenin, Y-linked
識別子
略号 AMELY
遺伝子コード AMGL
Entrez 266
HUGO 462
OMIM 410000
RefSeq NM_001143
UniProt Q99218
他のデータ
遺伝子座 Chr. Y p11

アメロゲニンエナメル質に存在するタンパク質であり[1]細胞外マトリックスの一種である。歯の発生時期において、エナメル質は30%のタンパク質を持ち、その90%がアメロゲニン[2]である。成熟エナメル質には存在しない[3]。他のエナメルタンパクとしては、アメロブラスチンエナメリンw:tuftelins等が有る。


機能[編集]

その機能はまだ完全には理解されていないが、歯の発生時期において、エナメル小柱を作る機能を持つと考えられている。 最新の研究は、エナメル質の石灰化中にこのタンパク質がハイドロキシアパタイトの結晶の開始と成長を管理していることを示している。さらに、アメロゲニンはセメント質の形成において、セメント芽細胞を助けると考えられている。

また、C. albicansに対する強い抗菌性を持つことが報告されている[4]


変異[編集]

アメロゲニン遺伝子は単一コピー遺伝子である。相同体はXp22.1-Xp22.3 and Yp 11.2 [5]に位置する[5]


臨床的意義[編集]

AMELX の変異はエナメル質の発生における疾患であるエナメル質形成不全症の原因となる。[6]

References[編集]

  1. ^ Amelogenin - the US National Library of Medicine Medical Subject Headings (MeSH)
  2. ^ Dale R. Eisenmann 「第10章 エナメル質の形成」『Ten Cate 口腔組織学』 A. R. Ten Cate 編著、脇田稔 訳、医歯薬出版、2001年3月20日(原著1998年)、第5版、p.250。ISBN 4-263-45515-0
  3. ^ 前野正夫 「chapter9 硬組織の構造と機能 G骨と歯の有機成分-2」『スタンダード生化学・口腔生化学』 編著 安孫子宣光阿部公生池尾隆大塚吉兵衛藤田厚学建書院2003年3月30日、第1版、p.178。ISBN 4-7624-0633-3
  4. ^ 海老沢政人大島朋子長野孝俊五味一博「アメロゲニンの口腔内微生物に対する抗菌効果」、『日本歯科保存学雑誌』第50巻第3号、日本歯科保存学会2007年6月30日、 386-394頁、 ISSN 0387-2343NAID 10019565381
  5. ^ Nakahori Y, Takenaka O, Nakagome Y. (1991). “A human X-Y homologous region encodes "amelogenin"”. Genomics. 9 (2): 264–9. doi:10.1016/0888-7543(91)90251-9. PMID 2004775. 
  6. ^ Wright JT (December 2006). [http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1847600 “The molecular etiologies and associated phenotypes of amelogenesis imperfecta”]. American Journal of Medical Genetics. Part a 140 (23): 2547–55. doi:10.1002/ajmg.a.31358. PMC 1847600. PMID 16838342. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=1847600.