アメリカネナシカズラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アメリカネナシカズラ
Cuscuta pentagona flowers 2003-11-08.jpg
アメリカネナシカズラの花
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
亜綱 : キク亜綱 Asteridae
: ナス目 Solanales
: ヒルガオ科 Convolvulaceae
: ネナシカズラ属 Cuscuta
: アメリカネナシカズラ C. pentagona
学名
Cuscuta pentagona
Engelm.
英名
Field dodder
ほかの植物の茎に絡みつく、アメリカネナシカズラのつる

アメリカネナシカズラ(学名:Cuscuta pentagona)は、ヒルガオ科ネナシカズラ属に分類される一年草の一種。

特徴[編集]

草丈50cm[1]。他の植物に吸盤で絡みついて生長するつる植物寄生植物であり、葉緑素をもたず、葉も退化している。8-10月に白い花を咲かせる。


分布と生育環境[編集]

北アメリカを原産地とする[2]ヨーロッパアジア(日本を含む)、ロシアオーストラリアに移入分布する[2]

温帯から熱帯の畑地、牧草地、荒地、河川敷、海浜などが生育環境である。他の植物の上に覆いかぶさるようにして群生している。

外来種問題[編集]

日本では1970年頃に東京都府中市多摩川付近で初めて確認された[1]。現在では北海道から九州までの全国に定着が拡大している[1]。輸入穀物や緑化用の植物種子に混じって非意図的に導入されたものと考えられる[1]

ジャガイモナスなどのさまざまな農作物や園芸植物に寄生し、生育を阻害する[1]外来生物法により要注意外来生物に指定されている。

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e 多紀保彦(監修) 財団法人自然環境研究センター(編著) 『決定版 日本の外来生物』 平凡社2008年4月21日ISBN 978-4-582-54241-7
  2. ^ a b アメリカネナシカズラ 国立環境研究所 侵入生物DB