アマーリア・フォン・クールラント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘッセン=カッセル方伯夫人アマーリア

マリア・アンナ・アマーリア・フォン・クールラントMaria Anna Amalia von Kurland, 1653年6月12日 ミタウ - 1711年6月16日 ヴァイルミュンスター)は、リヴォニアクールラント公爵家の公女で、ヘッセン=カッセル方伯カールの妻。

クールラント公ヤーコプ・ケトラーとその妻でブランデンブルク選帝侯ゲオルク・ヴィルヘルムの娘であるルイーゼ・シャルロッテの間に生まれた。最初、母親同士が姉妹の従兄にあたるヘッセン=カッセル方伯ヴィルヘルム7世と婚約したが、ヴィルヘルムがグランド・ツアーの最中に19歳の若さで急死したため、その弟で方伯家を継いだカールと結婚した。2人の結婚式は1673年5月21日にカッセルで執り行われた。

1699年、息子のマクシミリアンと共同でゼンゼンシュタイン城(Burg Sensenstein)を与えられた。死後はカッセルのザンクト・マルティン教会(Martinskirche)に葬られた。

子女[編集]

参考文献[編集]

  • Christian Röth: Geschichte von Hessen S. 305
  • Ulrich Schoenborn: Mit Herz und Verstand: Biographie und Lebenswelt der Töchter Herzog Jakobs von Kurland in Hessen-Homburg, Herford und Hessen-Kassel. Kovač, Hamburg 2010, ISBN 978-3-8300-4667-7 (nicht ausgewertet).