ルイーゼ・シャルロッテ・フォン・ブランデンブルク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
クールラント公爵夫人ルイーゼ

ルイーゼ・シャルロッテ・フォン・ブランデンブルクLuise Charlotte von Brandenburg, 1617年9月13日 ベルリン - 1676年8月29日 ミタウ)は、ドイツブランデンブルク選帝侯家の公女で、クールラントヤーコプの妻。大選帝侯フリードリヒ・ヴィルヘルムの姉。

ブランデンブルク選帝侯ゲオルク・ヴィルヘルムとその妻でプファルツ選帝侯フリードリヒ4世の娘であるエリーザベト・シャルロッテの間の第1子、長女として生まれた。1645年10月9日にケーニヒスベルクにおいて、クールラント公ヤーコプと結婚した。ケーニヒスベルク大学英語版教授詩人ジーモン・ダッハはこの婚礼に際し、公爵夫妻に頌詩を献呈している[1]。この結婚により、ヤーコプは義弟の大選帝侯と共同で、隣の大国ポーランド・リトアニア共和国に対する敵対政策を進めていくことを決心した[2]

ルイーゼはクールラントの国政に大きな影響力を持ち、ミタウの彼女の宮廷ポーランド人ロシア人、ブランデンブルク人、スウェーデン人などが集うバルト海海域の国際政治の舞台となった。ルイーゼは気立てが良く、賢く勇敢な女性であり、夫の成功を陰で支えた有能な公爵夫人だったと評価されている。

子女[編集]

夫との間に5男4女の9人の子女をもうけた。

参考文献[編集]

  • August Seraphim: Eine Schwester des grossen Kurfürsten, Luise Charlotte, A. Duncker, Berlin, 1901 (Digitalisat)
  • Otto von Mirbach: Briefe aus und nach Kurland während der Regierungsjahre des Herzogs Jakob: Mit Rückblicken in die Vorzeit, F. Lucas, 1846, S. 280

脚注[編集]

  1. ^ Albrecht Schöne: Kürbishütte und Königsberg, C.H.Beck, 1975, S. 46
  2. ^ Ulrich Schoenborn: „...ich sehe die Fussstapffen der Providentz Gottes.“ Zum Wirken des hessischen Theologen Conrad Mel (1666–1733) in Mitau, Memel und Königsberg, LIT Verlag Berlin-Hamburg-Münster, 2006, S. 27