アペフチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アペフチは、アイヌ民話に伝わる

特徴[編集]

アイヌ語で「アペ」とはを、「フチ」は老婆を意味する。その名の通り老女の姿をした火の神で、アペオイ(囲炉裏)の中に住まい、6枚の衣を身に纏い、手には黄金の杖を持っているとされる。神の老女の意味でカムイフチと呼ばれることもある。

古来から人の生活に欠かせない火は、神格化される場合が多い。中でも北海道樺太千島列島といった北方の寒冷地に住むアイヌ民族にとって、寒気から守ってくれる火は非常に大切なものだった。したがって、火の神であるアペフチは、人家にまつわる神の中でも最も尊いとされる。神が客となって人家を訪れたときは、アペフチが客の相手をするという。

アイヌに伝わる叙事詩ユーカラの中で、シマフクロウの神が歌ったという歌「銀の滴降る降るまわりに」にも、アペフチが登場する。