アヌ族

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
十王戦争の戦場となった五河地方(パンジャーブ

アヌ族サンスクリット語 अनु Anu)は、古代インドの宗教文献『リグ・ヴェーダ』に言及される部族のひとつ(1.108.8, 8.10.5)。十王戦争に、プール族をはじめとする十王軍のひとつとして参戦し、スダース王率いるトリツ族バラタ族軍に敗れた。

パルシャニー川(Parusni、現在のラーヴィー川英語版 - Ravi River)周辺に存在した部族であるとする説がある。

後期ヴェーダ時代[編集]

アヌ族は、後期ヴェーダ時代が背景となるブラーフマナにも言及されている。すなわち、『アイタレーヤ・ブラーフマナ』に、アヌ族の王アンガが、転輪聖王として挙げられている(8.22)。

マハーバーラタ』の中にも、アヌ族は登場している。