アヌラーダプラ王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細
アヌラーダプラ王国
රජරට රාජධානිය
Anuradhapura Kingdom
Kingdom of Anuradhapura
ウパティッサ・ヌワラ王国 紀元前377年 - 1017年 ポロンナルワ王国
アヌラーダプラ王国の国旗
(国旗)
アヌラーダプラ王国の位置
アヌラーダプラ王国時代の主要な都市と港。王国はラジャラタ、Malaya Rata、ルフナの3地域に分かれていた
公用語 シンハラ語タミル語
首都 アヌラーダプラ
国王
紀元前377年 - 紀元前367年 パンドゥカーバヤ英語版
275年 - 301年 マハーセーナ
982年 - 1017年 マヒンダ5世英語版
面積
65,610km²
変遷
成立 紀元前377年
ポロンナルワへ移動 1017年

アヌラーダプラ王国シンハラ語: කෝට්ටේ රාජධානිය英語: Anuradhapura Kingdom)は、紀元前4世紀から11世紀にかけてスリランカに存在した王国首都はスリランカ北中部のアヌラーダプラ

概要[編集]

アヌラーダプラの地に都市を建設したのは、紀元前543年インドからスリランカにたどり着いたウィジャヤ王(紀元前543年-紀元前505年)である。シンハラ人の祖先と言われるウィジャヤ王は、スリランカ全土を支配下に収めると、各地に入植地を建設した。そのうちの一つがアヌラーダプラだとされる。紀元前377年ウパティッサ・ヌワラ王国英語版パンドゥカーバヤ英語版王は、首都をアヌラーダプラへと移しその整備を行い、ここにアヌラーダプラを首都とする王国が成立した。

王国の権威はスリランカ全土に及んだが、その長い歴史の間にたびたび独立した勢力の出現を許すことになった。とはいえ、アヌラーダプラ王はこの時代の終焉まで終始スリランカにおける最高権力者とみなされてきた。紀元前3世紀にインドのアショーカ王の息子マヒンダ英語版により伝えられた仏教はこの時代大きく勢力を伸ばし、王国の文化、法、そして統治に至るまで多大な影響を及ぼした。[1]

カッサパ1世英語版の時代、477年から495年まで一時的に首都がシギリヤへと移ったが、王の死後は再びアヌラーダプラへと戻っている。

アヌラーダプラ王国の時代、スリランカにはパーンディヤ朝を始めとする南インドからの侵略が繰り返しあり、王国は常にその脅威に悩まされてきた。最終的に1017年、南インドのチョーラ朝がアヌラーダプラを破壊し、王国はより南のポロンナルワへと逃れ、アヌラーダプラの時代は終焉を迎えた。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Buddhism was such an important factor in this period that Mendis (2000), p.196 asserts, "The island of Lanka belonged to the Buddha himself; it was like a treasury filled with the three gems".

参考文献[編集]

  • Bandaranayake, Senake (2007). Sigiriya. Central Cultural Fund. ISBN 955-613-111-6. 
  • Basnayake, H. T. (1986). Sri Lankan Monastic Architecture. Sri Satguru Publications. ISBN 81-7030-009-6. 
  • Blaze, L. E (1995). The Story of Lanka. Asian Educational Services. ISBN 81-206-1074-1. 
  • Codrington, H. W. (1994). Ceylon Coins and Currency. Asian Educational Services. ISBN 81-206-0913-1. 
  • Ellawala, H. (1969). Social Hostory of Early Ceylon. Department of Cultural Affairs. 
  • Fernando, G. S. (2001) (Sinhala). සිංහල සැරසිලි—Sinhala Sarasili [Sinhala Decorational Art]. M. D. Gunasena and Company. ISBN 955-21-0525-0. 
  • Gooneratne, W.; Hirashima, S. (1990). Irrigation and Water Management in Asia. Sterling Publishers. 
  • Lokubandara, W. J. M. (2007). The Mistique of Sigiriya - Whispers of the Mirror Wall. Godage International Publishers. ISBN 978-955-30-0610-3. 
  • Ludowyk, E. F. C. (1985). The Story of Ceylon. Navrang Booksellers & Publishers. ISBN 81-7013-020-4. 
  • Mendis, Ranjan Chinthaka (1999). The Story of Anuradhapura. Lakshmi Mendis. ISBN 955-96704-0-9. 
  • Mendis, Vernon L. B. (2000). The Rulers of Sri Lanka. S. Godage & Brothers. ISBN 955-20-4847-8. 
  • Moratuwagama, H. M. (1996) (Sinhala). සිංහල ථුපවංසය—Sinhala Thupavansaya [Sinhala Thupavamsa]. Rathna Publishers. ISBN 955-569-068-5. 
  • Nicholas, C. W.; Paranavitana, S. (1961). A Concise History of Ceylon. Colombo University Press. 
  • Perera, Lakshman S. (2001). The Institutions of Ancient Ceylon from Inscriptions. 1. International Centre for Ethnic Studies. ISBN 955-580-055-3. 
  • Rambukwelle, P. B. (1993). Commentary on Sinhala Kingship - Vijaya to Kalinga Magha. Sridevi Printers. ISBN 955-95565-0-9. 
  • Seneviratna, Anuradha (1989). The Springs of Sinhala Civilization. Navrang Booksellers & Publishers. ISBN 81-7013-031-1. 
  • Siriweera, W. I. (1994). A Study of the Economic History of Pre Modern Sri Lanka. Vikas Publishing House. ISBN 0-7069-7621-5. 
  • Siriweera, W. I. (2004). History of Sri Lanka. Dayawansa Jayakodi & Company. ISBN 955-551-257-4. 
  • Wijesooriya, S. (2006). A Concise Sinhala Mahavamsa. Participatory Development Forum. ISBN 955-9140-31-0. 
  • Yogasundaram, Nath (2008). A Comprehensive History of Sri Lanka. Vijitha Yapa Publishers. ISBN 978-955-665-002-0. 

外部リンク[編集]