アテルラナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アテルラナアテルラネイタリア語Atellana)は、古代ローマで人気のあった低俗な道化喜劇。名前はこの劇が発明された、カンパニアにあったオスク人の古代都市アテルラ(Atella)に由来する。元々アテルラナはオスク語で書かれていて、紀元前391年にはローマに移入された。ローマ版のアテルラナは、他の登場人物がラテン語を使う一方、道化役のみがオスク語を使っていた。

特徴[編集]

良家の青年たちによって演じられたストックキャラクターには以下のようなものがあった。

  • Macchus(プルチネッラ型の人物。Pulcinella参照)
  • Bucco(でぶ)
  • Manducus(大食家)
  • Sannio(アルレッキーノ型の人物)
  • Pappus(老人)

これらは後のコメディア・デラルテパンチとジュディPunch and Judy)のキャラクターのベースとなった。

悲劇に引き続いて、主として即興で演じられた。上流階級から見た下層階級の習慣や道徳観が描かれていた。

作者[編集]

アテルラナ劇を集めた『Atellanæ Fabulæ(Ludi osci)』があり、独裁者スッラが数作書いたと言われている他、以下のような作者の作品が収められている。

  • クィントス・ノウィエス(Quintus Novius) - スッラの退位から50年後に活躍した劇作家。『Macchus Exsul(追放されたMacchus)』、『Gallinaria(鶏小屋)』、『Surdus(耳の聞こえない者)』、『Vindemiatores(収穫者)』 、『Parcus(宝物保管係)』など約50本。
  • ボローニャのルーキウス・ポンポニウス(Lucius Pomponius) - 『Macchus Miles(兵士Macchus)』、『Pytho Gorgonius』、『Pseudo-Agamemnon(偽アガメムノーン)』、『Bucco Adoptatus』、『Æditumus』。
  • Fabius Dorsennus
  • 身元の確認できないMummius - オウィディウス小プリニウスはガイウス・メミウス(Gaius Memmius (poet))の作品の中に下品な作品を見付けた。

参考文献[編集]

図書案内[編集]

  • Fragments of the Atellan Fables can be found in the Poetarum latinorum scen. fragmenta, Leipzig, 1834
  • Maurice Meyer, Sur les Atellanes; Manheim, 1826, in-8°;
  • C. E. Schober, Über die Atellanen, Leipzig, 1825, in-8°;
  • M. Meyer, Etudes sur le théâtre latin, Paris, 1847, in-8°.

以下の本にはポンポニウスとノウィエスの作品が収められている。

  • Otto Ribbeck, Comicorum Romanorum praeter Plautum et Terentium Fragmenta
  • Munk, De Fabulis Atellanis (1840).

関連項目[編集]