アティラ (小惑星)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アティラ
163693 Atira
仮符号・別名 2003 CP20
分類 地球近傍小惑星
軌道の種類 アティラ群
金星横断
発見
発見日 2003年2月11日
発見者 LINEAR
軌道要素と性質
元期:2012年9月30日 (JD 2,456,200.5)
軌道長半径 (a) 0.741 AU
近日点距離 (q) 0.502 AU
遠日点距離 (Q) 0.980 AU
離心率 (e) 0.322
公転周期 (P) 0.64 年
(233.02 日)
軌道傾斜角 (i) 25.62
近日点引数 (ω) 252.93 度
昇交点黄経 (Ω) 103.93 度
平均近点角 (M) 180.86 度
物理的性質
直径 ~2.0 km
質量 1.0 ×1013 kg
平均密度 2.0? g/cm3
表面重力 0.0003 m/s2
脱出速度 0.0005 km/s
自転周期 2.9745 時間
絶対等級 (H) 16.275
アルベド(反射能) 0.10
表面温度 ~323 K
■Project ■Template

アティラ (163693 Atira) は、リンカーン研究所のサーベイで発見された地球近傍小惑星。公転軌道が完全に地球の軌道より内側にあり、アティラ群に属することが最初に確認された小惑星である。このグループに属するものとしては他に 2004 JG6 などが存在する。アティラの発見前に、1998 DK36 がアティラ群に属する可能性のある天体として発見されたが、軌道が確定しておらず、アティラ群に属さない可能性もある。

北アメリカ中西部の先住民ポーニー族の女神に因んで名付けられた。

アティラの近日点は水星の軌道と金星の軌道の間にある。直径は約 2 km で、2004 JG6 より大きく、アテン群の中でも大きなものの一つである。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]