アティラ群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アティラ群 (Atira asteroid) とは、小惑星の分類の1つである。

アティラ群は、軌道が完全に地球軌道の内側、即ち遠日点距離が1AU以内に収まる軌道を持つ小惑星である。ここまではアテン群と同じであるが、遠日点距離が0.983AUを境に、それ以下をアティラ群、それ以上をアテン群に分けている。現在発見されているアティラ群は全て遠日点において地球軌道と接するため、地球近傍天体に属する。アティラ群で最も大きく、最初に分類された小惑星は、群の名称の由来ともなった (163693) アティラである。1998 DK36 はアティラより先に発見されているが、軌道が確定しておらず暫定的な分類である。

アティラ群よりもさらに軌道が小さい、水星よりも内側を公転する小惑星はバルカン群と呼ばれているが、今のところそれに該当する軌道をもつ小惑星は発見されていない。

一覧[編集]

2014年1月時点で、アティラ群は20個発見されている。そのうち4個に小惑星番号が付与されている。名前がつけられているのは2個である。

関連項目[編集]

出典[編集]