アダム・ルドヴィク・チャルトリスキ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アダム・ルドヴィク・チャルトリスキAdam Ludwik Czartoryski, 1872年11月5日 パリ - 1937年6月26日 ワルシャワ)は、ポーランドの貴族、チャルトリスキ家の公(侯爵(Fürst)/公爵(książę))。シェニャヴァの初代オルディナト

チャルトリスキ公爵家の当主ヴワディスワフ・チャルトリスキと、その2番目の妻でヌムール公の娘であるマルグリット・ドルレアンの間の長男として生まれた[1]。父方の祖父はアダム・イェジ・チャルトリスキ公、母方の曽祖父はフランスルイ・フィリップである。1894年に公爵家の当主となり、1899年に伯父の未亡人からグウフフGołuchów)の所領を受け継いだ。非常に裕福なマグナートで、当時の資産価値は公爵家の美術所蔵品を除いても450万オーストリア・クラウンと見積もられていた。

1914年に第1次世界大戦が始まるとチャルトリスキはオーストリア帝国軍の将校として出征した。大戦中、妻の実家がザクセンフリードリヒ・アウグスト3世と縁故があったおかげで、チャルトリスキ美術館の最も重要な所蔵品はドレスデンに避難させることが出来た。大戦後、チャルトリスキはロシア軍に略奪された美術館の所蔵品に対する返還要求を行い、1921年のリガ平和条約締結ののち数年を経て返還を実現させた。

1901年に裕福な女子相続人のルドヴィカ・クラシンスカ伯爵夫人(1883年 - 1958年)と結婚し、間に3男5女の8人の子女をもうけた[1]。1937年に死去し、長男のアウグスティン・ユゼフ・チャルトリスキ(1907年 - 1946年)が公爵家を継いだ。長女のマウゴジャータ・チャルトリスカ(1902年 - 1929年)はブルボン家ガブリエル王子に嫁いだ。

脚注[編集]

  1. ^ a b Minakowski, Marek Jerzy. “Adam Ludwik ks. Czartoryski na Klewaniu i Żukowie h. Pogoń Litewska (ID: 3.662.397)”. 2012年4月1日閲覧。