アゾンインターナショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
株式会社アゾンインターナショナル
Azone International
Azone International.jpg
種類 株式会社
略称 アゾン
本社所在地 日本の旗 日本
252-0815
神奈川県藤沢市石川4-1-7
設立 2000年(合併)
業種 繊維製品
事業内容 衣料品、ペット用品、ノベルティー商品、プラスチック・ガラス・陶器製品、車両用アクセサリー及び部品、玩具の企画・製造・卸・販売など
代表者 早園正(代表取締役社長
資本金 1,000万円
売上高 9億0千万円 (2012年実績税込)
従業員数 55名 (2013年現在)
外部リンク http://www.azone-int.jp/
特記事項:出典: [1]
テンプレートを表示

株式会社アゾンインターナショナル (AZONE INTERNATIONAL) は、神奈川県藤沢市に本社を置く、雑貨玩具の輸入・製造・卸販売を行う会社である。人形やその衣装の製造・販売が特に知られている。

会社概要[編集]

元来は染色における染め型の製版を業務として設立されたが、その後業務を拡大し、現在は関節可動式の人形(ドール)やその衣装の企画・製造・販売で特に知られている。

1988年に神奈川県茅ヶ崎市にて、スカーフハンカチネクタイ服地等の染め型製版を業務として創業、1990年8月8日に有限会社湘南スクリーンとして法人化された[1]

1996年にベトナムホーチミン市に事務所を開設し、アジア雑貨・アパレル衣装の生産・輸入を開始した。翌年にはホーチミンにて縫製工場運営を開始し、クチ県に工場を設立した[2]。以後数年の間に、冠婚葬祭ギフト、ノベルティーアイテム、人形・フィギュア用コスチュームなどに進出。1998年には関連会社として有限会社アゾンインターナショナルが設立された。

その後、上記の人形用コスチュームを着用するモデルとしての人形本体の必要性が生じ、2000年にはオリジナルの人形「サアラ」を企画、少量生産し販売した[3]。同年、有限会社湘南スクリーンは染め型製版から撤退し、同時に有限会社アゾンインターナショナルと合併[1]。以後同社はドール関連事業に注力するようになり、2001年から2005年にかけて日本各地にドール関連アイテムを専門とする直営店をオープン。2005年には同社オリジナルの人形素体「ピュアニーモ」を開発、それを用いたオリジナルドールユニット「えっくす☆きゅーと」を展開した。

2006年に株式会社アゾンインターナショナル商号変更。

2008年にはアメリカ合衆国の Integrity Toys, Inc. の総代理店となり、Integrity Toys Japan ブランドでの販売も行っている[2]

事業部門[編集]

フレンドッグ事業部
ペット用衣装、アイテム
コレクション トイ事業部
コレクターアイテムの企画、製作、販売

事業所・関連会社[編集]

  • 本社(神奈川県藤沢市)
  • ヴェトナム出張所(ホーチミン市)

直営店[編集]

国内に4店の直営店を構え、同社製および他社製の人形および各種関連アイテムを販売している[4]

  • アゾンファクトリーショップ湘南(神奈川県藤沢市、2005年オープン)
  • アゾンレーベルショップ秋葉原(東京都千代田区、2002年オープン、2008年/2011年移転・拡張)
  • アゾンレーベルショップ大阪(大阪市浪速区、2008年オープン)
  • アゾンレーベルショップ名古屋(名古屋市中区、2002年オープン、2005年移転)
  • アゾネット (AZONET) (オンラインショップ)

関連会社[編集]

  • アゾン オブ コリア (AZONE KOREA) (韓国。アゾンの海外代理店)

主要商品[編集]

2012年現在、ドール関連商品の企画・製造・販売が同社の中心的な事業である。その中でも特にイラストレーター思い当たるがデザインしたメーカーオリジナル人形(サアラシリーズ、えっくす☆きゅーとシリーズなど)を中心としている。

当初、アゾンの27cmサイズの人形にはタカラのスーパーアクションボディ(SAJ)を多用していた[5][6]。その後、自社のオリジナル素体ピュアニーモ[7]を開発し、2005年にえっくす☆きゅーとシリーズを展開する際に採用した[8]。2007年にはPVC製のピュアニーモ アドバンス、2009年には関節可動型となったピュアニーモ フレクションを開発し[9]、アニメや漫画のキャラクターを再現したいわゆる「キャラクタードール」などの人形にもピュアニーモ素体が多く使われるようになった。

このほか50cm・60cmサイズドールの販売も行っており[10]、思い当たるデザインのサアラ、リセ、マヤを中心に展開している。

オリジナルドール[編集]

2000年に展開開始[1]。その後のピュアニーモ素体シリーズの確立に伴い、2010年にはサアラ、リセ、マヤ、アリサの4キャラクターを、ピュアニーモ フレクションM素体(25cm相当)を用いてリメイク[3]。ドールユニット「サアラズ・ア・ラ・モード」(SAHRA'S a la mode) として展開している。デザインは思い当たる。

  • SAHRA (サアラ)
  • 由希 (ゆうき)
  • Lycee (リセ)
  • Maya (マヤ)
  • Minako (みなこ)
  • BELINDA (ベリンダ)
  • Caty (カティ)
  • REIMY (れいみ)
  • REINA (れいな)
  • AI (あい)
  • SUZUNA (すずな)
  • アネモネ
  • 小鳥
  • MANA (まな)
  • NAHO (なほ)
  • ERENA (エレナ) ※50cmドール
  • ARISA (アリサ) ※ピュアニーモフレクションMサイズのみ

えっくす☆きゅーとシリーズ[編集]

2005年展開開始。ピュアニーモ素体を初めて使用したシリーズで、主にピュアニーモS(23cm相当)を使用。「聖ポートルダム女子大学付属中等部」という学校に通う仲良し生徒7名から構成されるドールユニットという体裁を取る[11]。デザインは思い当たる。

えっくす☆きゅーと
  • ころん (心音)
  • あいか (藍華)
  • ちいか (小花)
  • リアン (里杏)
  • みう (美海)
  • ひめの (姫乃)
  • ライリ
えっくす☆きゅーと ふぁみりー
  • ちさ (小桜)
  • ニナ
  • あおと
  • せら
  • ゆうた
  • みあ (美亜)
  • みなみ先生

ぴぴ☆からっとシリーズ[編集]

ピュアニーモ素体を利用したオリジナルキャラクタードールシリーズ。

  • にーもちゃん
  • りぽちゃん
  • れぽちゃん

ブラックレイヴンシリーズ[編集]

50cmサイズドール素体を利用したオリジナルキャラクタードールシリーズ。デザインは思い当たる。

  • Lilia (リリア)
  • Cecily (セシリー)
  • Luluna(ルルナ)
  • Amane(あまね)

リリアとセシリーはとも普段はセリミディア学園の女学生であるが、夜になると退魔師として行動しているという設定。
ルルナはリリアの妹でリリアをバックアップしてあげてるという設定。

その他[編集]

ペットワークスの人形部門(momoko[12]おでこちゃんとニッキ)用のアウトフィット衣装を担当。これらの商品の委託販売も行っている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 会社概要 アゾンインターナショナル、2013年9月25日閲覧
  2. ^ a b 会社概要 Integrity Toys Japan、2012年10月17日閲覧
  3. ^ a b サアラについて アゾンインターナショナル、2012年10月17日閲覧
  4. ^ Dolly*Dolly 29 p.24
  5. ^ サアラ(旧) アゾンインターナショナル、2012年10月17日閲覧
  6. ^ スーパーアクションボディーについてはジェニーの項目を参照
  7. ^ 初代のものはソフトビニール
  8. ^ Dolly*Dolly 29 p.8
  9. ^ Dolly*Dolly 29 pp.10,15
  10. ^ 50cm・60cmドール素体はオビツボディを使用
  11. ^ Dolly*Dolly 29 p.4
  12. ^ ただしClose-Clipped Sheep発足以前

参考文献[編集]

  • グラフィック社編集部編 『ドーリィ*ドーリィ = Dolly*Dolly』29巻 グラフィック社〈お人形BOOK〉、2012年8月、2-25頁。ISBN 978-4-7661-2414-9 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]