アグリニオ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アグリニオ
Αγρίνιο
市街のパノラマ
市街のパノラマ
所在地
アグリニオの位置
アグリニオ
座標 北緯38度37分 東経21度24分 / 北緯38.617度 東経21.400度 / 38.617; 21.400座標: 北緯38度37分 東経21度24分 / 北緯38.617度 東経21.400度 / 38.617; 21.400
行政
国: ギリシャ
地方: 西ギリシャ
: エトリア=アカルナニア県
人口統計 (2011年)
ディモス
 - 人口: 94,181 人
 - 面積: 1,246.7 km2
 - 人口密度: 76 人/km2
旧自治体
 - 人口: 59,329 人
 - 面積: 16.27 km2
 - 人口密度: 3,647 人/km2
キノティタ
 - 人口: 48,645 人
その他
標準時: EET/EEST (UTC+2/3)
標高: 91 m
郵便番号: 301 00
市外局番: 26410
自動車ナンバー: ΑΙ
公式サイト
www.agrinio.gr

アグリニオギリシア語: Αγρίνιο / Agrinioまたは アグリニオンカサレヴサ: Αγρίνιον / Agrinion)は、ギリシャ共和国西ギリシャ地方エトリア=アカルナニア県の都市で、その周辺地域を含む基礎自治体ディモス)。県の中心都市で、市域には県全土の4分の1にあたる約10万人(都市としてのアグリニオには約5万人)が暮らしている。

名称[編集]

ラテン語名はアグリニウム

中世から1925年まではヴラチョリ(Βραχώρι)として知られていた。

地理[編集]

街の歴史は古代にまでさかのぼる。古代の市街は現在の3km北東にあり、これまでに城壁や遺物が発見されている。

歴史[編集]

神話によると、アグリニオはアイトーロスの孫、ポルテウスの息子に当たるアグリオスが築いた[1]が、紀元前314年にカッサンドロスの手に堕ちた。

オスマン帝国時代には住民の大多数をトルコ系が占めた。1585年にテオドロス・ミガスの乱が起こると街は廃墟と化した。18世紀初頭に現在のエトリア=アカルナニアの中心地となった。ギリシャ革命に参加し、1821年6月11日に一時的にオスマン帝国の支配から脱した。1832年7月9日にコンスタンティノープル条約 (enによりギリシャ領となり、地名もアグリニオンに戻された。

希土戦争中、現在のトルコ西部から多くの人々がアグリニオに移ってきた。また、エピルスやエヴリタニアからハギオス・コンスタンティノスに移住する人々もいた。

1930年には道路が舗装され、給水塔も設備された。まだ古代の面影が残る街に電気も通った。クレマスタとカストラキの2箇所に建設された水力発電ダムから、経済発展の恩恵を享受した。

中心街の南東にあるトリコニス湖ではたびたび大地震が発生し、その都度アグリニオも被害を蒙ってきた。2007年6月7日には豪雨が街を襲い、数軒の家が浸水した。

社会[編集]

経済・産業[編集]

19世紀の終わりから20世紀初頭にかけ、住民の大多数はパパストラトスやパパゴプルー、パパペトルーなどのタバコ企業のもとタバコ栽培を行っていた。現在はアグリニオ・オリーブの生産で知られる。

人口[編集]

年度 町としての人口 自治体としての人口Treaty of Constantinople (1832)
1981年 35,773 -
1991年 39,638 52,081
2001年 42,390 54,523

交通[編集]

国道5号や欧州ルート55号が通るほか、東のカルペニシラミアとは国道38号や欧州ルート862号でつながっている。リオン=アンティリオン橋梁の北西、メソロンギの北、アスタコスの北東、レフカダプレヴェサの東南東、アルタイオアニナの南、カルペニシやラミアの西南西にそれぞれ位置する。

行政[編集]

都市の紋章には、ヘラクレスが河の神アケローオスと闘うギリシャ神話の一シーンが描かれている。

地区[編集]

  • アギオス・イオアニス・リガナス(Agios Ioannis Riganas)
  • アクロポタモス(Akropotamos)
  • ブシ(Bouzi)
  • ギアヌシ(Giannouzi)
  • ディアマンティカ(Diamanteika)
  • エレフテリア(Eleftheria)
  • レフカ(Lefka)
  • リアグキカ(Liagkeika)
  • ピルギ(Pyrgi)
  • スキノス(Schinos)
  • ストロンギリカ(Strongyleika、Strongileika)

観光スポット[編集]

  • アグリニオ考古学博物館
  • 20世紀初頭の巨大なタバコ貯蔵庫
  • パパストラティオ公園
  • ディモクラティアス広場
  • トリコニス湖とリシマキア湖
  • アグリニオ空港(IATA:AGQ、ICAO:LGAG)

スポーツ[編集]

第二部でプレイするパネトリコスFCが本拠地としている。

ゆかりの人物[編集]

  • ストラトス・アポストラキス - サッカー選手
  • ゲラシモス・アフゲロプロス - 民族人民解放軍(ELAS)指導者
  • パナギオティス・ダングリス - 軍人・政治家
  • フィリポス・ダルラス - サッカー選手
  • ペトロス・フィスン - 俳優
  • クリストス・カプラロス - アーティスト
  • ミカリス・クシス - マラソン選手
  • アリスティディス・モスコス - ミュージシャン
  • ピタゴラス・パパスタマティウ - 作家
  • テオドロス・パパディミトリウ - 彫刻家
  • クリストス・ガルファリス - 作家
  • エヴァンゲロス・パパストラトス - ビジネスマン
  • ルキア・ピスティオラ - 俳優
  • ヤニス・イファンティス - 詩人

脚注[編集]

  1. ^ ゲラシモス・パパトレアス“アグリニオの歴史”アグリニオ自治体 1991年

外部リンク[編集]