アウグステ・ファン・ペルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アウグステ・ファン・ペルス(Auguste van Pels、1900年9月29日 - 1945年)は、「アンネの日記」の著者アンネ・フランクの恋人ペーター・ファン・ペルスの母親。アンネの日記上では「ペトロネッラ・ファン・ダーン」名になっている。

ドイツ生まれ。旧姓レットゲン。アウグステの従兄弟によると「いたって大胆だが、家庭的な面もあり、根っからの中流育ちで他人を傷つけるようなことはほとんどしない女性」であったという。1925年12月5日にヘルマン・ファン・ペルスと結婚する。1926年11月8日に一人息子ペーターを儲ける。夫を「プティ」の愛称で呼び、自分は「ケルリ」の愛称で呼ばれていた。ナチ党政権誕生後の1937年6月にペーターやヘルマンとともにオランダアムステルダムへ亡命。オランダドイツ軍に占領されたのち、ファン・ペルス一家はアンネ・フランクのフランク一家とともに隠れ家生活に入り、後にフリッツ・プフェファーも合流する。アンネ・フランクの日記からは、アンネ自身と折り合いが悪く、何かとフランク一家の各人とも衝突する様子や、事あるごとに怯え恐れる様子などが窺える。隠れ家生活は2年余に及んだが、1944年8月4日に密告を受けて出動した保安警察カール・ヨーゼフ・ジルバーバウアーSS曹長率いる警察部隊により隠れ家メンバーは全員逮捕された。ベルゲン・ベルゼン強制収容所でのアンネとの再会を経て、1945年4月9日にテレージエンシュタット強制収容所へ送られたことは判明しているが、それ以降は不明。どこかの収容所へ移送されそこで死亡したとみられている。

参考文献[編集]

  • キャロル・アン・リー著、深町眞理子翻訳『アンネ・フランクの生涯』、ISBN 978-4887241923
  • アンネ・フランク著、深町眞理子翻訳『アンネの日記 完全版』、ISBN 978-4167114039